前田玄以 信長や秀吉に仕え、京都所司代を務めた名奉行の生涯

スポンサーリンク

玄以の裁き

それ以外にも、玄以には名裁きを行った、という逸話も残しています。

京の西山に、空世くうせいという号の法師がいたのですが、彼にはまだ幼い3人の子どもがいました。

最初の妻との間に生まれた長男は13才で、後妻との間にも、10才の男子と7才の娘がいました。

そのような状況下で、既に老いていた空世は病に冒され、やがて死の床につきます。

この時に親戚が集まり、どの子どもに家財や田畑を譲るのかを、決めるようにと求めました。

空世はこれに対し「私が死んだら、庭の梅の木を長男に取らせてくれ。家財以下のことは、梅に付いてまわるように」と、謎かけのようなことを言いました。

困惑する遺族

家族も親戚も、空世の言葉の意図が理解できず、困惑します。

しかし空世はそのまま亡くなってしまったため、誰に何を遺すつもりだったのかが、はっきりとはわからずじまいでした。

この結果、長男の親族と、後妻の親族との間で争いになり、3年が過ぎても遺産相続の取り決めをすることができませんでした。

事態がこじれにこじれてしまったため、後妻は玄以に仲裁を依頼します。

後妻は「梅の木と家財を長男に、田畑は弟と妹に、というのが夫の言いたかったことだと思いますので、そのように取り計らってください」と玄以に告げました。

玄以はこれを受け、双方の親族を呼び寄せて事情を詳しく聞き取ると、次のように裁定を下します。

「空世の財産は、家財も田畑もすべて長男が相続するように。弟と妹は、長男が親がわりとなって面倒を見よ。そして継母をも養い、ともに暮らすべし」というのが玄以の判断でした。

これを聞いた後妻は「夫が遺言した通りにしてください」と懇願し、双方の親戚も異議を唱えます。

玄以の謎解き

これに対し玄以は「そなたたちは愚なる者どもかな。空世が望み通りにしたまでよ」と告げました。

そして「よく聞くがよい。梅の木は年の初めに咲き、実るものだ。すべての草木の頭だから、梅は花の兄とも親とも言われる」と、まずは空世が言い遺した梅の木の意味を解説します。

「つまり人を梅にたとえて頭とすれば、これはすなわち親のことだろう。梅の木を長男が継げ、というのは、自分のかわりに父親となって、残る家族全員の面倒をみよ、という意味だったに違いない」と玄以は断言しました。

そして「空世という法師は、なかなかの風流人だったようだな」と褒め、「さあ、これで裁きは終わりだ。早く帰るがよい」と言って場をしめると、集まった者たちは抗論することができず、役所から引き下がりました。

そして「あれは普通の人間にわかる話じゃない。学者同士で初めて通じる話だ」と言い合いながら、家に戻って玄以の裁定通りに処置をした、ということです。

果たして本当に玄以が、空世の末期の意図を正確に読み取っていたかは、定かではありませんが、学識によって訴訟者たちを言いくるめ、複雑な事態を収拾したのは確かです。

この挿話から、玄以という人のありようをうかがい知ることができます。

玄以は思慮が深く、豊富に学識を備えており、それでいて欲が少ない人だったと言われています。

それゆえに都の行政長官としては、実に適した人だったのでしょう。

5万石の大名となる

このようにして、朝廷から町人まで、幅広い層を相手にしつつ、滞りなく政務をこなしっていったことから、秀吉からの評価が高まり、玄以は丹波(京都北部)亀山5万石の大名にまで立身しています。

これは1595年のことで、玄以はすでに56才になっていました。

玄以は一度も戦場で戦ったことがありませんでしたので、大名にまでなれたのは、異例のことだと言えます。

それほどに行政官としての手腕が優れていた、ということなのでしょう。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
織田 戦国時代 前田 豊臣

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物