王平 魏との戦いで活躍した、忠義と武勇を備えた蜀の将軍

王平おうへいは蜀に仕えて活躍した将軍です。

街亭がいてい馬謖ばしょくが敗れた際に、慌てずに軍勢を維持し、敗勢を支えて魏の攻勢を防ぎました。

また、攻めこんで来た張郃ちょうこう曹爽そうさいを撃退するなど、主に防衛戦において戦功を立てています。

軍事だけでなく事務もこなせ、謹厳な性格だったので、やがて漢中の指揮を任され、蜀の北境を支えました。

この文章では、そんな王平について書いています。

王平
【王平の塑像】

巴西に生まれる

王平はあざな子均しきんといい、巴西はせい郡の宕渠とうきょ県の出身でした。

元々は母方の何氏の家で養われていましたが、のちに王姓に復帰しています。

このことから、早くに父を失っていたのだと思われます。

(魏延の伝では「何平」と表記されているのですが、それはこのような経緯があったからのようです)

王平は、やがて朴胡ふこについて洛陽に行き、校尉(部将)に就任にしました。

そして219年になると、曹操の漢中討伐に従軍しましたが、その時に劉備に降伏し、牙門将がもんしょう将軍に任じられています。

こうして王平は、蜀に仕えるようになったのでした。

馬謖の副官になる

やがて228年になると、第一回目の北伐の際に、王平は馬謖が率いる先鋒隊に所属します。

馬謖は街亭という、涼州に攻め込むための前線拠点の防衛を任されていました。

しかし諸葛亮の命令に違反し、水路を捨てて山に登り、そこに陣をかまえます。

山上では水が補充しづらいので、諸将たちからは反対の意見が具申されました。

さらに、馬謖の指示は煩雑なものが多かったので、指揮が乱れていきます。

このため、王平は馬謖を何度も諫めましたが、馬謖はこれを聞き入れなかったので、やがて街亭で大敗を喫することになります。

王平の軍は無事に切り抜ける

馬謖の兵は魏軍の攻撃を受け、ことごとく逃げ散ってしまいましたが、王平が指揮する千人の部隊だけは、陣太鼓を打ち鳴らして踏みとどまりました。

すると魏の将軍である張郃は、伏兵がいるのではないかと疑い、近づこうとはしませんでした。

そこで王平は、少しずつ諸軍の残留兵を収容し、将兵を率いて無事に帰還することに成功します。

馬謖は処刑されるも、王平は昇進する

馬謖の失敗により、蜀軍は攻撃拠点を失い、全軍撤退に追い込まれました。

諸葛亮は漢中に戻ると、馬謖や将軍の張休・李盛らを処刑し、黄襲こうしゅうの兵を取り上げるなど、厳しい処置を行います。

しかし王平にだけは特別な待遇を与え、参軍の官を加え、五部の兵(異民族の兵か)を統率させました。

そして位が討寇とうこう将軍に上がり、亭候の爵位をも与えられます。

こうして王平は、敗戦の中で的確な措置を取ることで、頭角を現すことになったのでした。

張郃を撃退する

231年に、再び諸葛亮は涼州に攻めこみ、祁山きざんを包囲しましたが、この時に王平は別動隊を率いて南の軍営を守備しています。

すると魏の大将軍・司馬懿が諸葛亮を攻撃し、張郃が王平を攻撃してきました。

この時、王平は陣営を堅く守ることに徹し、張郃を撤退させています。

魏延の撃破に活躍する

その後、234年になると諸葛亮が陣中で没し、蜀軍は全軍撤退をすることになります。

しかしこの時、諸葛亮の長史(副官)である楊儀ようぎと、将軍の魏延ぎえんとの間でいさかいが発生しました。

魏延は楊儀の指示に従うことを嫌い、諸葛亮の遺命を無視して前線にとどまり、諸将に勝手に指示を出し、蜀軍を掌握しようとします。

その結果、楊儀たちは魏延を置き去りにして撤退を開始するのですが、魏延はこれに怒り、両者の間で戦いとなります。

王平はこの時、楊儀の指揮下に入っていました。

やがて両者は成都の近くまで戻り、そこで矛を交えることになります。

王平は楊儀側の軍勢の先鋒を務め、魏延配下の将兵たちと向き合いました。

そこで王平は「丞相じょうしょう(諸葛亮)が亡くなったばかりで、まだその体も冷たくなっていないというのに、おまえたちはどうしてこんなことができるのだ!」と一喝します。

魏延の将兵たちは、諸葛亮が没して間もないこの時期に、自分の地位を高めるためにもめごとを起こした魏延の方が悪いと、内心では認識していました。

このため、王平にそれを指摘されると戦意を失い、逃げ散っていきます。

こうして戦力を失った魏延は、息子たちとともに漢中まで逃げましたが、そこで追撃をかけた馬岱ばたいに討ち取られました。

このようにして、王平は魏延を一度の戦いで打ち破り、発生しかけた内戦を速やかに鎮圧することに貢献しました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、8月8日〜16日の間は299円のセール価格で販売しています。
kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物