真田幸村(信繁) はどのような人物だったのか?

スポンサーリンク

人質として送られる

真田氏が上杉氏に従属した際に、幸村は人質として、上杉氏の領国である越後に送られます。

この時代、大名や武将の子どもが、より強い勢力のもとに人質として送られるのは、当たり前に行われていることでした。

例えば徳川家康の次男である秀康も、豊臣秀吉の元に人質として送られています。

従属する勢力が裏切らない、と保証するために子どもたちが使われていたわけです。

現代から見れば非人道的な習慣ですが、当時はこれが当然でした。

この時期にいくばくかの領地は与えられていたものの、人質という立場であった幸村に、目立った活躍はありません。

幸村の兄・信幸

この頃に昌幸の片腕として活躍していたのは、兄の信幸(のぶゆき)の方でした。

信幸は昌幸と幸村の名声に隠れる形でさほど知られていない人物ですが、父譲りの戦場での駆け引きの才能を持っており、さらに内政や財務にも長じているという、総合的に能力の高い人物です。

北条や徳川との戦いを通じて活躍し、少数の兵で奪われた城を奪還したり、領内で起きた一揆を一兵も使わずに鎮圧した実績があり、優れた智謀の持ち主でした。

幸村も後に同様の才能を示しますが、昌幸・信幸・幸村、この三者はそれぞれに秀でた能力を持っていました。

親子兄弟全員が有能だというのは、かなり珍しい事態であると言えます。

そうであるからこそ小勢力の真田氏が、大勢力に挟まれながらも生き延びることができた、とも言えるわけですが。

後に信幸は徳川家康とその重臣である本多忠勝に見込まれ、縁組をしています。

真田と徳川との戦い(第一次上田合戦)で目立つ軍功を上げており、それが家康の目にとまったようです。

忠勝の娘・小松姫が家康の養女となり、信幸と結婚しました。

つまり信幸は家康の娘婿になったわけです。

こうした流れから後に幸村と信幸は、その袂を分かつことになります。

豊臣秀吉の人質に

真田氏が上野や信濃の領地を守るべく奮戦している間に、中央では豊臣秀吉が天下を制します。

昌幸は抜け目なく秀吉と渡りをつけ、真田氏は豊臣直属の大名となり、上杉氏の支配を脱して独立します。

これによって今度は秀吉のもとに人質を送る必要が生まれ、幸村は越後から大坂へと送られました。

この大坂滞在時に豊臣氏の家臣・大谷吉継の娘と結婚しています。

この大谷吉継の母は秀吉の妻・高台院の縁者でした。

つまり幸村は兄の信之と違い、豊臣氏とのつながりが深い立場に置かれたことになります。

1590年の北条征伐の際に幸村は石田三成の軍に属し、忍城攻めに参加したと伝えられていますが、この頃の動向については取り立てて記録がありません。

やがて左衛門尉という官位に叙任され、豊臣姓を下賜されたことが伝えられていますが、目立った話題はそれくらいのものでした。

この時期の幸村は長い雌伏の状態に置かれていた、と言えるでしょう。

豊臣姓の下賜はかなりの人数に行われており、特別に幸村が厚遇された、というわけでもありません。

そのように人質としての生活を続けるうちに、やがて年齢は30才を超えてしまいます。

後の華やかな活躍ぶりとは裏腹に、その前半生は地味な生活を強いられていたようです。

【次のページに続く▼】