明智秀満(光春) 光秀に忠誠を尽くし、後に天海になったと言われる武将の生涯

スポンサーリンク

安土城から京に向かう

光秀は信長を討った後、その本拠である安土城を占拠しました。

そして秀満に守備を任せ、近江(滋賀県)方面の抑えとします。

一方で、羽柴秀吉が中国地方から摂津(大阪府)に舞い戻っており、光秀はこれを迎撃する必要に迫られました。

両者は京都の西、山崎の地で決戦を行いますが、光秀は秀吉の半分程度しか軍勢を集めることができず、苦境に陥ります。

このため、秀満は光秀を心配し、安土城を出て京都に向かいました。

しかしその途中で「光秀は敗れ、秀吉に討たれてしまった」という情報が伝わってきます。

そして他の重臣たちも討ち取られ、あるいは捕縛され、明智軍は壊滅したと知ることになります。

琵琶湖を渡る

取り残された秀満は激しく落胆しましたが、ならば明智の領地である坂本城に入り、そこで最期を迎えようと思い、進軍するうちに、秀吉軍の先陣を務める堀秀政ひでまさの軍勢と行き会いました。

この時、秀満の軍勢は少数でしたので、あえなく討ち破られてしまいます。

さらに街道を敵にふさがれてしまったので、秀満はやむなく、馬を琵琶湖に乗り入れました。

明智秀満_湖水渡り

【秀満が琵琶湖を渡る様子を描いた絵】

秀吉軍の兵士たちは湖岸に居座り、秀満が溺れ死ぬありさまを見物しようとします。

しかし、秀満は坂本城に在住していたことがあり、琵琶湖の浅い場所はどこなのかを熟知していました。

それに乗っていた馬が、たくましい大鹿毛かげの名馬でしたので、無事に湖を渡りきることができ、唐崎浜というところに上陸します。

しばらくの間、松の木陰で休息してから、秀満は馬を走らせて坂本城に向かいました。

やがて坂本城が近くなると、秀満は十王堂という寺院に立ち寄ります。そして馬の手綱を堂につなぎ、「明智秀満に湖水を渡らせし馬なり」と札に書きつけます。

その札をたてがみに結わいつけ、馬と別れると、6月14日に坂本城に入りました。

安土_坂本

後にこの馬は秀吉が手に入れ、あけぼのと名づけて重宝し、賤ヶ岳しずがたけの戦いで悪路を走破する際に騎乗したと言われています。

秀満は光秀が死んだ以上、もはや自分の命も長くないと覚悟をしていました。

ですので、名馬を道連れにし、無駄に死なせることがないよう、由来を伝えて城の外に残したのでした。

これを知った世の人々は、なんと立派な心がけなのかと、秀満を称賛しています。

【次のページに続く▼】