魏延 諸葛亮に従って活躍するも、馬岱に討たれた武将の生涯

スポンサーリンク

魏延は撤退の命令に逆らう

諸葛亮が没すると、幕僚たちはこれを秘密にして公表しませんでした。

一方で楊儀は、費禕を魏延の元に送り、その意向を打診させます。

すると魏延は次のように言いました。

「丞相(諸葛亮)が亡くなられても、私は健在である。

丞相の幕府に属する者たちは、このまま遺体を運んで帰国し、埋葬すればよいだろう。

しかしわしは諸軍を率い、賊を討つためにここに残る。

一人の死によって、天下の大事を放棄するとは何事だ。

それに、この魏延を誰だと思っているのだ。

楊儀ごときの指図を受け、殿軍の大将など務めるつもりはない」

そしてそのまま費禕とともに、撤退する部隊と残留する部隊を区分けし、費禕に署名させ、自分と連名で諸将に命令を通達しました。

しかし魏延には、全軍に指示を出すほどの権限はなく、越権行為だったのだと言えます。

魏延は恨みを抱きながらも、諸葛亮にだけは従っていましたが、その彼がいなくなったことで、すっかりと歯止めがきかなくなってしまったのでした。

費禕は逃走し、魏延は孤立する

費禕は魏延に従うつもりはなく、次のように述べて立ち去りました。

「あなたのために立ち戻り、楊長史(儀)に説明いたしましょう。

長史は文官であり、軍事の経験が乏しいので、命令に背くことはないでしょう」

そして費禕が馬を走らせて立ち去ると、魏延はすぐに裏切られると悟って後悔し、彼を追跡しましたが、追いつくことはできませんでした。

魏延は人を送って楊儀らの様子を探らせると、彼らは諸葛亮の指示に従い、次々に軍を率いて撤退を始めます。

こうして魏延は一人で取り残されそうになりましたが、それでも諸葛亮の遺命に従わず、楊儀と敵対する行動を取ってしまいました。

楊儀と争う

魏延は楊儀がまだ出発しないうちに、先回りをしようと思い、配下の軍勢を率いて南方に向かいます。

そして通過する先々で、釣り橋を焼き落としました。

これは明らかにやりすぎであり、魏延は頭に血が上りすぎていたのだといえます。

魏延と楊儀はそれぞれに上奏し、相手が反乱を起こしたと訴えました。

こうして一日のうちに、成都に文書が次々に届けられます。

劉禅が侍中じちゅう(皇帝の相談役)の董允とういんや、留府長史(留守政府の副官)の蒋琬しょうえんらに質問をすると、彼らはどちらも楊儀の味方をし、魏延を疑いました。

このあたりは、魏延の普段からの態度が影響したのだと言えます。

また、魏延が命令違反を犯していたのは事実でしたので、的確な判定でした。

こうして魏延の立場は、著しく悪化していきます。

楊儀と争うも、兵士たちが逃げ出す

楊儀らは山の木を切り開いて道を通し、昼夜兼行で魏延の後に続いて成都に向かいました。

魏延は先に到着すると、南谷口なんこくこうに陣をしき、兵を送って楊儀らを迎え討たせます。

すると楊儀らは何平かへいを前方に配置し、魏延の攻撃を防がせました。

この時に、何平は魏延の先鋒部隊をどなりつけます。

との(諸葛亮)が亡くなられ、まだその体が冷たくならないうちに、お前たちはどうしてこのようなことができるのだ!」

すると魏延の部下たちは、非が魏延にあることを理解していましたので、命令を聞くのをやめて逃げ出してしまいました。

魏延はこうしてすっかり孤立してしまうと、息子たち数人とともに逃亡し、漢中に向かいました。

【次のページに続く▼】