長野業正 武田信玄に勝利し、真田幸隆と親交を持った武将の生涯

スポンサーリンク

病の床で、真田幸隆と再会する

こうして謙信の関東遠征が終わると、業正は病に倒れ、床に伏すことが多くなりました。

業正はすでに70才を超えており、この時代ではかなりの長命でしたが、ついにその寿命が尽きる時が来たのです。

病は日に日に重くなり、人と会う機会も少なくなっていきました。

しかしある日、真田幸隆が密かに訪ねてきたこと知ると、対面して古今のことを様々に語り合いました。

そして業正は「かつてそなたが上野にいた時、献策を用いる者がおらず、上杉氏は衰退を続け、ついには全ての領国を失うに至った。謙信の手によって情勢は変わったが、この上野もまた、いずれは誰かに奪われてしまう可能性が高い。この業正も70になり、余命はいくばくもない。誰とも知らぬ者に渡すより、気心を知っているそなたに渡すことが、憂いの中の喜びだ」と幸隆に伝えます。

「しかし、ここ箕輪の南は争いが激しく、守るのに難しい土地だ。一方で、北にある利根郡は四方を山に囲まれて守りやすく、川沿いには良田があって豊かな土地だ。ここを攻め取って、信濃の領地と合わせて支配されるがよい」と勧めました。

幸隆は「その利根郡はいま、どなたが支配しているのですか?」とたずねます。

すると業正は声を潜め「それがしの娘の夫、沼田景康かげやすと申す者だ。最近は筋の悪い女に入れあげ、生まれた男子を寵愛しているのだそうだ。そしてわしの孫を幽閉し、その女との間に生まれた子に家督を継がせようとしている。そんなことでは沼田家が滅びるのも遠いことではあるまい。わし自ら利根郡を奪い取ってくれようとも思ったが、この年ではそれも難しい。なのでそなたに譲ろう」と述べ、沼田から城を奪うようにと重ねて薦めました。

幸隆の能力を評価する一方、自分の娘と孫を大事にしない婿に憤り、攻め滅ぼしてしまって欲しい、という気持ちも業正にはあったのでしょう。

幸隆は業正に「よいことを教えていただいた」と礼を言い、「久しく疎遠だったことを責めず、かえって重要な話を託していただき、そのお心の広さには感嘆するばかりです。では、これより沼田を奪取するための策を練るとしましょう」とも述べました。

後に幸隆の子・昌幸まさゆきが沼田を奪い取りますが、これは業正の話を聞いて、幸隆が仕込みをしていたために成功したのだと言われています。

(これは「名将言行録」という江戸時代の書物に書かれている話で、史実かはどうかは定かではないところがあります。この時期、幸隆が仕える武田氏と長野氏は戦闘状態にあり、業正の元を訪問するのは難しいからです。しかし当時の上野の情勢を知る上で興味深い逸話でしたので、掲載しました)

遺言

業正はやがて死去しますが、その間際に後継者の業盛なりもりを呼び寄せ、次のように遺言をしました。

「わしが死んだら、その墓はなるべく小さく作れ。そして仏事を行う必要はない。それよりも軍事に力を注ぎ、敵の首をとり、一つでも多く我が墓に供えよ。敵に降伏はするな。最後まで戦い抜き、潔く討ち死にせよ」というのがその内容でした。

これを言い残してから間もなく、業正は死去しています。

この遺言から察するに、業正の真の望みは、上野がよそ者に支配されない、強固な国になることだったのかもしれません。

そして長野氏の当主となった業盛は、父の遺言通りに上野を狙って侵攻を続ける信玄と戦い、一度は撃退しています。

しかし1566年になると、信玄は自ら2万の大軍を率いて攻め込んで来ました。

業盛は箕輪衆を率いて徹底抗戦しますが、ついに防ぎきることができず、敗北します。

そして城内にある持仏堂で業正の位牌を拝みつつ、一族郎党とともに自害し、長野氏は滅亡しました。

業盛はこの時、まだ23才でした。

その後の長野氏

業盛には業親なりちかという弟がいて、その子の業実なりざね(業正の孫)が城を落ち延びて生き延びました。

そして、後に箕輪城主となった徳川家康の重臣・井伊直政に仕えています。

業実は4千石を与えられ、直政の移封に伴って彦根藩士になりました。

やがては井伊氏の家老に就任しており、長野氏は彦根藩の重臣として存続することになっています。

スポンサーリンク
戦国時代 上杉

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物