長野業正 武田信玄に勝利し、真田幸隆と親交を持った武将の生涯

スポンサーリンク

長野業正なりまさは戦国時代に上野こうずけ(群馬県)において、強勢を誇っていた武将です。

武田信玄の侵攻を防ぐ一方で、真田幸隆ゆきたかと親交を持っていた、と言われています。

その精強さから「上州の黄班おうはん(虎)」という異名を持ってもいました。

この文章では、そんな業正の逸話と生涯を紹介します。

長野氏家紋

【長野氏の家紋・檜扇】

スポンサーリンク

上野の実力者

業正は1491年に、長野方業かたなりの子として生まれました。

長野氏は上野の箕輪みのわに拠点を持つ一族で、領主である山内上杉氏に仕えていました。

上杉氏は関東管領という地位にあり、上野の他、越後(新潟県)や武蔵(埼玉・東京)、伊豆など、広大な領域を支配していた一族です。

しかし、伊豆で北条早雲の勢力が勃興すると、それに押されてじわじわと衰退を始めました。

そんな上杉氏に仕える業正は、温和な性格である一方、知勇に秀でており、人望があったと言われています。

そのため、上杉氏の勢力が衰える中、上野で頭角を現し、勢力を伸ばして行きました。

やがて上杉氏が上野で完全に支持を失い、諸将が政庁のある平井城に出仕しなくなった時にも、業正のところには挨拶に赴いていた、という話もあり、その実力によって上野を代表する武将にのし上がっていきます。

箕輪城の位置

娘を豪族たちに嫁がせる

業正は子だくさんで、12人もの娘がいたと言われています。

そして娘たちを上野の諸豪族に嫁がせて縁戚となり、上野の守護代である白井長尾家とも関係を築きました。

やがて長尾家の当主が暗殺されると、家督争いに介入し、血縁者を当主にして実権を握っています。

このように、業正は機敏な人物で、抜け目なく混乱に乗じて勢力を伸ばす、戦国時代の武士らしい性質を備えていました。

真田幸隆との関わり

そんな業正は、真田幸隆(幸村の祖父)を一時、家臣にしていたことがあります。

真田幸隆

【真田幸隆の肖像画】

真田氏は信濃しなの(長野県)の豪族でしたが、1541年に村上義清よしきよという武将と戦って敗北し、領地を失って上野に避難していました。

この時に幸隆は、業正を頼って庇護を受けています。

それからしばらくすると、武田信玄の勢力が強まり、甲斐かい(山梨県)から信濃に盛んに侵攻するようになりました。

そして真田氏を追い出した村上義清とも争うようになります。

幸隆はこの状況を見て、信玄に仕えた方が、信濃の領地を取り戻せる可能性が高いのではないか、と考えるようになりました。

既に述べているとおり、上杉氏は勢力が衰えていく過程にあり、信濃に攻め込んで村上義清に打ち勝てそうにはなかったことが、幸隆の心情に影響しています。

しかし業正に受けた恩があるので、どうしたものかと悩み、幸隆は病気にかかったと称し、家に引きこもるようになりました。

業正はそれを聞くと、使者を送って「今度の病気はずいぶんと重いようだから、普通の薬では治らないだろう。甘楽かんら郡の奥地にあるという良薬を求めてはどうか」と伝えます。

そして翌日には業正が早速、たくさんの馬を引き連れて訪ねてきました。

幸隆は驚き、「気にかけていただくのはありがたいのですが、病が重く、なかなか家を出るのは難しい状態です」と述べます。

しかし業正は「病が重いからこそ、治療のために一日も早く出発した方がよい」と述べ、家から出るように促しました。

幸隆は業正に押し切られる形で、その日の早朝に出発し、やがて下仁田という土地にたどり着きます。

すると、後からやってくる馬が、やけにたくさんの荷物を積んでいるな、と思って調べてみたら、それはすべて幸隆の使っていた家具でした。

そして妻や家来たちも続いてやってきます。

いったいどうしたことかと幸隆が怪しんでいると、業正の老臣がやってきて、幸隆に先を急ぐように勧め、「遠くまで幸隆殿が進んだら、これをお渡しするようにと申しつかっています」と、業正からの手紙を渡しました。

幸隆が手紙を開いてみると、「甲斐の武田晴信(信玄)はまだ若年であるにも関わらず、優れた武将であるそうな。しかし箕輪に業正がある限り、碓氷うすい峠を超えて上野に入れるとは思わぬようにと伝えてくれ。もしも旧領に戻ることができたら、その時はまた親しく付き合おうぞ」と書いてありました。

業正は幸隆が信玄のところに行きたがっているのを察して、快く送り出すために、幸隆を病気の治療の名目で出発させたのでした。

武田氏は、上杉氏と敵対する北条氏と同盟を結んでいましたので、幸隆が信玄のところに行くと、業正と幸隆は敵同士になります。

このため、信玄のところに向かうにあたり、薬を求めて旅立つように、偽装する必要があったのでした。

幸隆は業正に心中を見抜かれていたことを恥ずかしく思いましたが、もはや引き返すのも難しいだろうと思い、そのまま甲斐へと向かいます。

そして信玄に仕官すると、信玄が攻略に失敗した砥石といし城を、策略を用いて短期間で攻め落としています。

幸隆の活躍によって勢いを得た信玄は、村上義清を越後に追い払い、この結果、幸隆は信濃の旧領を取り戻すことができました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
戦国時代 上杉
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物