李恢 馬超を勧誘し、蜀の南方を統治した将軍

スポンサーリンク

南方で反乱が起き、包囲される

223年に劉備が薨去すると、南方では次々と反乱が起こります。

高定が越巂えっすい郡で勝手な行動をし、雍闓ようがいが建寧郡でのさばり、朱褒しゅほう牂河そうか郡で反旗を翻しました。

これを受け、諸葛亮は225年から南征を開始し、まず越巂を通過します。

この時に李恢は故郷の建寧へと向かいました。

すると諸県の反乱軍は兵を集め、李恢を昆明こんめいで包囲します。

この時、李恢の軍勢は少なく、一方で敵は二倍の兵をそろえ、しかも諸葛亮とはまだ連絡がついていませんでした。

李恢は、かなりの危機に陥ったのだと言えます。

李恢地図2

敵をあざむき勝利する

このため、李恢は敵をだまして勝利を得ることにしました。

「官軍の食糧は底をついてしまい、国元(北)へ引きあげようとしている。

わしはこのところ郷里の建寧から離れていたが、やっと帰れるようになった。

だからもう、二度と北へ戻りたいとは思わない。

わしは故郷に戻り、おまえたちと心を一つにしたいと思っているから、こうして本心を打ち明けたのだ」

すると反乱軍の者たちは李恢の言葉を信じ、包囲をゆるめました。

口先ひとつで敵を油断させることに成功した李恢は、出撃してこれをおおいに打ち破ります。

そして逃走する敵を追撃し、南の槃江はんこうまで行き、東の牂河に接近しました。

そこで諸葛亮と連携をして反乱軍を威圧します。

李恢は馬超を味方につけたり、劉備に重用されたりしましたが、この時の様子からしても、かなり弁の立つ人物だったことがうかがえます。

爵位と将軍位を得て、南方を完全に支配下に置く

やがて南方の反乱は諸葛亮の手によって鎮圧されましたが、李恢の功績が大きかったので、漢興かんこう亭候の爵位と、安漢将軍の官位が与えられました。

蜀軍が引きあげると再び反乱が起きましたが、李恢は自ら討伐に赴き、これを鎮圧します。

そして蛮族の有力者たちを成都に移住させ、反乱が起きないように処置しました。

そしてそう族とぼく族の耕牛、軍馬、金、銀、犀の皮などを貢ぎ物として納入させたので、蜀の財政は豊かになります。

南方は物産が豊富で、蜀にとっては重要な土地だったのでした。

漢中に移った後に死去する

229年になると、交州が呉に従属したため、刺史の任にあった李恢の役目がなくなり、建寧太守に転任しました。

そうして故郷に戻っていましたが、やがて漢中に移住しています。

漢中は北伐の根拠地でしたので、なんらかの形で関わっていたのかもしれません。

そちらの方面での活動ははっきりしていませんが、やがて231年に亡くなりました。

子の李が後を継いでいます。

また、李恢には李球という弟がいましたが、羽林うりん右部督という、近衛兵の指揮官の地位にありました。

そして263年に蜀が魏の大軍の攻撃を受けた際に、諸葛瞻しょかつせん(諸葛亮の子)とともに出陣し、緜竹で防衛にあたります。

そこで魏の将軍・鄧艾とうがいの攻撃を防ぐために奮戦し、戦死しました。

李恢評

三国志の著者・陳寿は「李恢は公正な心をもって、自ら役目をかって出た」と評しています。

また、『季漢輔臣賛きかんほしんさん』では、次のように評されています。

「李恢は南方の長官となり、奮って故郷の賊を討伐し、反乱分子を一掃した。

刑罰を設け、濮族を成都に移住させ、その地の物資を送ったので、国家の収入は増強された」

このように、北伐には関わらなかったものの、治めるのが難しい南方の統治にあたり、事跡を残したことが称賛されています。

地味ながらも、蜀にとって重要な役割を果たした人物のひとりだと言えます。