李恢 馬超を勧誘し、蜀の南方を統治した将軍

スポンサーリンク

李恢りかいは蜀に仕え、馬超の勧誘や南方の統治に活躍した人物です。

蜀の南方は異民族が多く、反乱がたびたび発生しましたが、李恢はその鎮圧に成功し、地位を高めていきました。

異民族の成都への移住を促進し、物資を貢納させて蜀の財政を改善することにも寄与しています。

この文章では、そんな李恢について書いています。

スポンサーリンク

建寧に生まれる

李恢はあざな徳昂とくこうといい、益州の建寧けんねい郡、愈元ゆげん県の出身でした。

郡に出仕して督郵とくゆう(役人の監察官)となりましたが、やがて叔母の夫である爨習さんしゅうが法律に違反したため、連座して免官されそうになります。

しかし益州郡太守の董和とうわは、爨習が有力な豪族であることを考慮して不問に処したので、李恢はそのまま留任することになりました。

このことから、李恢は建寧で勢力のある一族の出身だったことがわかります。

州に推挙され、劉備に会いに行く

しばらく後に、李恢は董和によって州の役所に推挙され、そちらに移動しようとします。

するとその頃、劉備が葭萌かぼうで挙兵し、益州を支配する劉璋への攻撃を開始しました。

李恢は道中でその話を聞くと、劉璋は必ず敗北し、劉備は成功するだろうと予想します。

このため、郡からの使者だと名のって劉備の元へ向かい、緜竹めんちくで面会をしました。

劉備に用いられ、馬超への使者を務める

劉備は李恢がやって来たことを喜び、随行させてらく城まで連れて行きます。

この頃、漢中には名高い馬超がいましたが、劉備は彼を従属させようと思い、使者の役目を李恢に任せます。

李恢は弁舌をふるい、馬超を味方に引き入れることに成功しました。

そして馬超は、劉備から借り受けた兵を引きつれて成都にまで進軍し、劉璋に降伏を決断させるのに貢献します。

こうして李恢は劉備の元で、さっそく手柄を立てたのでした。

劉備は劉璋を降して益州牧(長官)に就任すると、李恢を州の功曹こうそう書佐しょさ主簿しゅぼ(人事と文書の管理官)に任命しています。

李恢地図1

讒訴されるも、かえって昇進する

それからしばらくして、逃亡をはかった者が、李恢を巻き込んで謀反を企んでいたと讒訴ざんそしました。

このため、官吏が李恢を逮捕して護送しましたが、劉備はこれが事実無根であることを証明させた上で、李恢を別駕従事べつがじゅうじ(州牧の補佐官)に昇進させています。

このことから、李恢は早くも劉備から信頼を得ていたことがうかがえます。

劉備の諮問にこたえて出世する

221年になると、庲降らいこう都督(蜀南方の長官)の鄧方とうほうが死去したので、劉備は李恢に「後任は誰がよいだろうか」と質問をしました。

これに対し、李恢は次のように答えます。

「人の才能には向き不向きがあります。

なので孔子は『人を用いる場合、その人に応じた使い方をするべきだ』と申しています。

そして聡明な君主がいらっしゃれば、臣下は真心をさらけ出します。

だから先零せんれい(異民族の土地)の役の際に、趙充国ちょうじゅうこくは主君から誰を将軍にするのがよいかと問われ、『私にまさる者はおりません』と答えたのです。

(趙充国は前漢の武将で、異民族との戦いを長年に渡って経験していた人物です。
彼が70才を超えた時にも異民族の反乱が起きるのですが、その際に「自分以上の適任者はいないので、鎮圧を任せてください」と皇帝に申し出ています)

わたくしは自らの力量を測らずにおります。

どうか陛下にはご推察いただきたく存じます」

この発言によって、李恢は自分がその地位にふさわしいと、婉曲に伝えたのでした。

すると劉備は笑い、「わしの心はすでに君の上にある」と言って、李恢を庲降都督・使持節(独立裁量権の所有者)に任じました。

そして交州刺史しし(長官)を兼務させ、平夷へいい県に在住させます。

これは蜀の南方の統治を、李恢に任せたことを意味しました。

庲降は蜀から二千里(千数百km)離れていたとされており、辺境の守備についたことになります。

李恢にはこの職務をこなす自信があったのですが、それが正しかったことが、しばらくして証明されています。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物