呂凱 永昌郡を守り、蜀に尽くした呂不韋の子孫

スポンサーリンク

雍闓が討たれ、諸葛亮に称賛される

225年になると、蜀の情勢を安定させた諸葛亮は、軍を指揮して南征を開始しました。

するとその途上で、雍闓は同じく反乱を起こしていた、高定こうていの部下によって殺害されます。

諸葛亮は蜀の南部に到着すると、次のように上表をしました。

「永昌の郡吏・呂凱、府丞の王伉らは、絶遠の地において忠節を貫くこと、十余年にも及びました。

雍闓・高定らが圧力をかけてまいりましたが、呂凱らは節義を守り、彼らを相手にしませんでした。

わたくしは、永昌の人情が、かくも誠実で正直だとは知りませんでした」

そして呂凱を雲南太守に昇進させ、陽遷ようせん亭候に封じています。

このようにして、呂凱の節義は報われたのでした。

蛮族に討たれる

こうして呂凱は立身しましたが、やがて反乱を起こした蛮族に殺害されてしまいました。

このため、子の呂しょうが後を継いでいます。

呂祥は蜀が滅亡した後に、晋に南夷なんい校尉(南方の蛮族の地の部将)として仕えました。

そして呂祥の子と孫は、代々永昌太守となっています。

やがて晋も衰え、五胡十六国の時代になると、李雄りゆうという者が益州を占拠しました。

しかし呂氏の一族は服従を拒否し、郡を挙げて防衛に努めた、という話が残っています。

呂氏の一族は代々、義理堅い性質を備えていたようです。

呂凱評

三国志の著者・陳寿は「呂凱は節操を守り、微動だにしなかった。

その長所を発揮して、名声をあげて出世したのは、彼を必要とする時代に巡り会ったためである」と評しています。

呂凱が永昌にいたのは、漢の武帝が先祖をそこに住まわせ、異民族を教化させようとしたことに由来しますが、それが数百年の時を経て、実りを結んでいたことが、呂凱にまつわる話からうかがえます。

このような施策を行うことで、古代の中国は、支配領域の拡大を図っていたようです。

そして周囲を異民族に囲まれていたからこそ、呂氏の一族には、漢民族の一員としての意識が高まっていた、という面があったでしょう。

それが漢に対する節義を高めた要因になったとも考えられます。