梁習 曹操に仕え、并州を治めた知勇兼備の人物について

スポンサーリンク

并州が平和になり、高い評価を受ける

并州の国境地帯がすっかり平和になると、人口が増加し、農業やさん業が盛んになり、法がゆきわたって秩序が取り戻されました。

そして梁習が推挙した者の中からは、堂林のように、後に朝廷の重臣にまで立身する者も現れるなど、その施策は大きな成果をあげています。

曹操は梁習の手腕を高く評価し、関内かんだい候の爵位を授けるとともに、正式に并州刺史に任命しました。

土地の老人たちも「自分たちが聞き知っている範囲で、梁習以上の刺史はいない」と褒めそやします。

こうして梁習は、政治家として確固たる名声を確立したのでした。

冀州を統治する

その後、213年に并州が冀州に合併されると、梁習は議郎ぎろう・西部都督従事に任命され、冀州の部族民たちをすべて統括しました。

この時期に梁習は、屯田都尉を二人設置し、人夫六百人を従わせ、街道の道筋に作物を植え、移動する人と牛の食料にあてるようにと上奏しました。

このような細やかな施策によって、冀州の発展を促していったのでした。

その一方で、この時期にもまた、異民族の成敗を行っています。

鮮卑の育延を討つ

この頃、鮮卑せんぴ族の育延いくえんという者が勢力を持ち、冀州の役所でも恐れられていました。

育延はある朝、鮮卑の騎兵五千を引きつれて冀州に向かい、梁習に使者を送ってきます。

そして交易を行いたいと申し入れてきました。

これを拒めば怨みを買うことになり、かといって州庁がある都市にまで招き入れると、そこで育延の騎兵が略奪をする懸念があったので、梁習はどう対応するかを考えました。

そして、結局は承諾することにし、みずから出向き、空き城の中で育延と会うことにします。

梁習は冀州の郡県に命じ、役人と軍隊を引きつれてそこに向かいました。

鮮卑族に包囲される

梁習は育延の一行と会いますが、まだ交易が成立しないうちに、市場を管理する役人が、育延の部下の一人を捕縛します。

育延の騎兵たちはこれに驚き、馬に乗って弓を引き絞り、梁習を何重にも包囲しました。

官吏たちはこれに怖れおののき、身動きもできない状態になります。

しかし梁習はまったく動じず、当の役人を呼んで事情をたずねました。

すると育延の部下が、人を傷つけたので、捕縛したことがわかります。

このため、梁習は通訳を送って育延を呼び出しました。

育延を斬る

育延がやって来ると、梁習は彼をとがめ、「おまえたち蛮人が自分から法を犯したのだ。

役人はおまえに害を与えたわけではないのに、どうしておまえは騎兵を使って人々をおびやかすのか」と糾弾します。

そして梁習は有無を言わせず、育延を斬ってしまいました。

すると他の鮮卑族の者たちは肝を潰し、梁習に復讐しようとする勇気をなくします。

これ以後、梁習の果断さを恐れて乱暴を働く異民族はいなくなり、冀州にも平和が訪れました。

このように、梁習は交易に応じる姿勢を見せたものの、法を守らぬ者に対しては、断固たる態度を示したことで、異民族を屈服させたのでした。

先の并州の際にも、交渉に応じる者は許し、そうでないものは容赦なく討伐し、平和を創出しました。

梁習は状況に応じて硬軟の策を使い分けられる、優れた人物だったのだと言えます。

【次のページに続く▼】