三国志を10分くらいで、だいたい理解するための記事

スポンサーリンク

停滞期

その後、三国はいずれも決め手を欠き、戦いはするものの成果を出せず、ほとんど勢力が変わらない状態が、30年近くも続きます。

そうこうしている間に、魏では曹操の一族が衰え、重臣の司馬懿しばいに国を乗っ取られてしまいました。

また、蜀では優秀な政治家が出てこなくなり、そのうえ後漢のように悪い宦官がはびこるようになったため、国力が衰えていきます。

そして呉では、孫権が年を取ってもうろくし、国政を乱したあげく、252年に死去しました。

その後で内部抗争が発生し、しばらくして孫皓そんこうが皇帝になりますが、彼は暴君であり、多くの王族や臣下が殺害されます。

このようにして、建国から三十年ほどで、どの国も衰退の兆しを見せるようになりました。

蜀が滅ぶ

いちばん先に滅んだのは、蜀でした。

263年に、魏を実質的に支配していた司馬昭しばしょう(司馬懿の子)が主導し、20万もの大軍を動員して、蜀に攻めこませます。

すると将軍の鄧艾とうがいが大活躍し、蜀軍の裏をかいて一気に首都の成都に迫り、劉禅を降伏させました。

こうして蜀は脱落し、あとに魏と呉が残りました。

魏も滅ぶ

ついで滅んだのは、意外なことに、もっとも勢力が強かった魏でした。

といっても領土を奪われたわけではなく、曹氏の王家が弱体化したので、司馬氏の一族に乗っ取られたのです。

265年には、司馬昭の子・司馬炎しばえんが魏から禅譲ぜんじょうを受け、新たにしんを建国して皇帝となりました。

【最終的に統一した司馬炎 曹操とも劉備とも孫権とも関係ない人が統一するのが、歴史の面白いところ】

晋もまた、古代中国に存在していた国の名前です。

その後、晋は残る呉の討伐を計画し、着々と準備を進めて行きます。

呉も滅ぶ

呉は先に触れた通り、孫皓の暴政によって統治が乱れ、国力が低下していました。

これを見た司馬炎は、279年に20万の大軍を動員し、呉に攻めこませます。

すると280年に呉の首都である建業けんぎょうの攻略に成功し、孫皓は降伏しました。

こうして最後に残った呉も滅び、晋によって中国は統一されています。

結局は、三国はいずれも天下を制することができなかった、というのが、三国志のオチとなっています。

なお、歴史書としての『三国志』はこの晋の時代に、陳寿ちんじゅという人が書きました。

このため、晋の前身である魏が優遇されており、曹操や司馬懿にとって都合の悪いことは、書かれていないこともあります。

晋も長続きせず

こうして統一に成功した晋もまた、長続きしませんでした。

これは統一皇帝となった司馬炎が、すっかり気を緩めて政治をさぼるようになり、酒と女におぼれて遊び暮らすようになったからです。

そして後継者にダメな子供を指名し、親族たちに地方で大きな権限を与えました。

この結果、親族たちは皇帝の地位を狙って反乱を起こすようになり、晋は衰退していきます。

やがて晋は316年に滅亡してしまい、その後は五胡ごこ十六国と呼ばれる、三国よりもはるかに多く、国が分裂する状況になりました。

これは魏や晋が、異民族を積極的に領域内に住まわせたことも原因になっており、次から次へと国が立ちあがり、消えてゆく状況になります。

これが落ち着くには、ずいとうの建国を待つ必要がありました。

スポンサーリンク
コラム 三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物