聖徳太子(厩戸王) 古代日本の発展に尽くした英才の生涯

馬子が崇峻天皇を殺害する

馬子は一計を案じ、東国から貢物が届けられたと述べ、自分の意をくんだ東漢直駒やまとのあやのあたいこまを宮殿に使わしました。

そして天皇に謁見すると、東漢直駒はその場で天皇を殺害します。

こうして崇峻天皇は日本の歴史上、ただひとり、臣下によって殺害されたことが、史書に明記された存在になりました。
(暗殺を疑われている天皇は他にもいるのですが、確たる証拠はありません)

東漢直駒はその後、天皇の女御で、馬子の娘でもある河上娘かわかみのいらつめをさらって妻にしたのですが、それを恨んだ馬子に殺害されます。

これは馬子による口封じではないかと推測されています。

この時代においては、権力争いのために天皇さえ殺されることがあり、その権威が安定していなかったことがうかがえます。

推古天皇が即位し、皇太子となる

こうして再び政変が発生しましたが、まもなく用明天皇の后だった炊屋姫が、群臣たちに推戴されて即位し、推古天皇になりました。

推古天皇は、日本における初の女帝です。

また、厩戸王が皇太子に立てられ、これが元で、後に聖徳太子と呼ばれることになりました。

このようにして、天皇が殺害されるという大事件が発生したにも関わらず、さほどの混乱もなく、政権の移行が進んでいます。

このことから、天皇の暗殺は馬子の一存ではなく、あらかじめ他の皇族や群臣たちにはかり、同意を得た上で実行されたものなのだと推測できます。

日本書紀には馬子一人が計画し、実行したかのように書かれていますが、皇族や他の氏族が天皇殺害に関わっていたとなると、大きな汚点になりますので、それを記さず、馬子にすべての責任を押しつけたのかもしれません。

蘇我氏は、日本書紀が編纂された頃には滅亡していましたので、馬子は押しつけられるのに適した存在となっていたのです。

仏教と儒教を外国の教師に学ぶ

このころ、聖徳太子は高句麗こうくりの僧・慧慈えじに仏教を習い、百済くだらの学者である覚哿かくかに儒教を習いました。

つまりは外国からやってきた教師について、外来の宗教や政治思想を学んだことになります。

高句麗は朝鮮半島の北部に、百済は南西部にあった国で、いずれも日本との国交を持っており、日本に渡来する人たちが数多くいたようです。

そして六〇二年には百済の学者である観勒かんろくが来日し、天文や歴法、道教などを伝えています。

これがきっかけとなり、日本でもこよみが用いられるようになりました。

保守派の物部氏が滅亡したことで、日本の国際化が進展していったのだと言えます。

そして聖徳太子は、流入してくる知識を自ら積極的に学び、書生たちにも学ばせ、日本に取り入れる事業を推進していきました。

新羅の討伐が計画される

このころ、朝鮮半島の南部にある任那みまなという地域に、日本は権益を持っていました。

しかし、東に隣接する新羅しらぎがこの地を狙い、たびたび攻撃をしかけてきます。

このため、日本は六〇〇年に出兵し、新羅に打撃を与え、貢物を納入することを約束させました。

ですが新羅はその後もたびたび、任那に攻撃をしかけてきます。

この事態を受け、六〇二年に聖徳太子の弟である来目くめ皇子が将軍となり、二万五千の大軍を動員し、新羅を討伐することになります。

そして来目皇子は筑紫つくし(福岡)にまでおもむきますが、やがて病に倒れ、死去してしまいました。

この時、聖徳太子は馬子を呼び、来目皇子が死去したことを告げ、「来目皇子は大事に臨んだが、やり遂げることができなかった。とても悲しいことだ」と語っています。

この影響で遠征は中止となりましたが、この後も日本はしばらくの間、朝鮮半島への介入を続けています。

一方において、聖徳太子らは九州の各地に部民を配置し、国内の支配力を高める施策も行いました。

このころはまだ、朝廷の地方への影響力は限られていましたが、大軍を集めて示威を行い、その上で土地の実効支配も進めることで、九州の統治を安定させようとする狙いもあったようです。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
天皇家 飛鳥時代

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物