蘇則 西方で功績を立てるも、曹丕に直言して左遷される

またも反乱が起きる

後に麴演は近くの郡と結託し、再び反乱を起こします。

張掖ちょうえきの張進は太守の杜通とつうを捕縛し、酒泉の黄華こうかは太守の辛機しんきを拒みました。

張進と黄華はいずれも、勝手に太守を自称し、麴演に呼応します。

それに加え、武都に住む三種族の蛮族が暴れまわるようになったので、通行ができなくなりました。

このため、武都太守の毌丘興かんきゅうこうが蘇則に急を告げてきます。

雍州と涼州の豪族たちは、みな羌族を捕らえて駆り立て、張進たちに従いました。

対応策を協議する

このような状況になったので、金城の民はみな、張進に敵対することはできないと考えます。

また、将軍の郝昭かくしょう魏平ぎへいは、以前から金城に駐屯し、守備についていましたが、詔勅を受けていたのに、西方に移動することができないでいました。

このため、蘇則は郡の高官と郝昭らに会い、羌族の指導者とも協議します。

「ただいま、賊軍は勢力を増しているが、脅されて従っている者も多く、まとまっているとは限らない。隙を見つけて攻撃すれば、分断することができるだろう。

片方をこちらに帰順させれば、利益を得ることができ、敵に損害を与えることができる。そして軍勢が増えると、士気が向上することにもなる。それを率いて出撃すれば、賊を打ち破れることは間違いない。

もしも大軍が救援にやってくるのを待っていると、長く時が過ぎて持久戦になり、こちらの味方が増えず、賊に協力する者が増えるだろう。協力しあうようになってしまえば、それから分断を図るのは困難になる。

詔勅によって命令を受けているが、違反することになろうとも、機にかなった策を独自に実行した方がよいだろう」

この結果、郝昭らは蘇則の意見に従いました。

麴演を斬って反乱を鎮める

蘇則は出撃して武威ぶいを救援し、三つの蛮族を降伏させます。

そして毌丘興とともに張進を攻撃しました。

麴演はこのことを知ると、三千の歩兵と騎兵を率いて蘇則を出迎え、「支援しにきました」と述べましたが、実際には謀反するつもりでいました。

このため、蘇則は彼を招いて会見し、その場で斬り捨て、それから外に出て麴演の軍に、彼が死んだことを知らせます。

すると麴演の仲間たちは、みな算を乱して逃げ散っていきました。

さらに蘇則は諸軍と一緒に張進を包囲して打ち破り、張進とその一党を討ち取ります。

こうして麴演と張進が敗れると、黄華は戦意を失い、捕縛していた者たちを解放し、降伏を願い出てきました。

これによって河西は平定され、蘇則は金城に帰還します。

この功績によって都亭候の爵位を与えられ、領地が三百戸になりました。

侍中に任命される

その後、蘇則は中央に召喚されて侍中じちゅう(皇帝の側近)になります。

そして董昭とうしょうと同僚になりましたが、董昭はあるとき、蘇則の膝を枕にして横になりました。

蘇則はそれを押しのけ、「この蘇則の膝は、佞人のための枕ではないぞ」と言います。

蘇則はこのことから、董昭を嫌っていたことがわかります。

一方で、宮中で立身するには、蘇則は正直すぎる人柄の持ち主だったこともうかがえます。

ちなみにこの時代の中国では、男性が男性の膝を枕にすることは、しばしばあったようです。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物