蘇則 西方で功績を立てるも、曹丕に直言して左遷される

漢の終わりに慟哭する

これより前のこと、蘇則と曹植は、魏が漢に取って代わったと聞くと、ともに喪に服し、声をあげて泣き、悲しみました。

魏の初代皇帝、すなわち漢から帝位を奪った当人である曹丕は、曹植がそれを行ったことは知っていましたが、蘇則については知りませんでした。

曹丕がある時、都である洛陽においてくつろぎ、「わしは天意に応じて禅譲を受けた。聞くところによると、声を上げて泣いた者がいるそうだ。それはどうしてだ?」と言います。

蘇則は自分のことを問われているのだと思い、あごひげとほおひげをぴんと張り、正しく論じて回答しようとしました。

すると同僚の傅巽ふせんが蘇則をつねり、「君のことを言っているのではないよ」と告げたので、蘇則は発言するのを止めています。

曹丕の質問に答える

ある時、曹丕は「以前に酒泉と張掖の反乱を打ち破ったが、これによって西域が使者を送ってくるようになった。敦煌とんこうでは一寸もある大粒の真珠を献上してきたが、再び交易を行い、利益を得るべきだろうか?」と蘇則にたずねました。

すると蘇則は「もしも陛下が、中国を十分に教化なされば、その徳は砂漠にも流れて行き、求めずとも自ずからやって来るでしょう。求めて得ようとするのは、尊い行いだとは言えません」と答えます。

曹丕はこの返答を気に入らなかったのか、黙ったままでした。

蘇則は董昭を佞人だとして罵っていますが、相手の気に入られるように立ち回ったり、発言したりはしなかったようです。

曹丕を諌める

それから後、蘇則は曹丕の狩猟のお供をしたことがありました。

すると罠がはずれ、鹿が逃げてしまう事態が発生します。

曹丕は激怒し、腰かけに座ると刀を抜き、監督官たちをみな捕縛させ、斬り捨てようとしました。

蘇則は頭を地につけ「臣が聞くところによりますと、古の聖王は禽獣きんじゅうに関することで、人を害することはなかったとか。ただいま、陛下はぎょう(古代の聖王)が行われた教化を盛んにしておられますが、狩猟の遊戯によって、多くの役人を殺害しようとなされています。愚臣からしても、これはしてはならないことだと思われます。あえて死を覚悟の上で、お願い申し上げます」

すると曹丕は「卿は直言を言える臣下だな」と述べ、全員を許すことにしました。

しかしながら、蘇則はこの件で、曹丕から疎まれるようになってしまいます。

左遷され、途中で死去する

二二三年になると、蘇則は東平のしょうに左遷されることになりました。

それから任地に到着しないうちに、病に倒れて亡くなります。

剛候とおくりなされました。

子の蘇が後を継いでいます。

蘇怡が亡くなると、子供がいなかったので、弟の蘇が後を継ぎ、後に尚書になりました。

蘇則評

三国志の著者・陳寿は次のように蘇則を評しています。

「蘇則は威厳があり、それによって乱を平定した。善政をしいたことと、剛直な人柄は称賛されるに足るものであった」

蘇則は優れた統治と戦略によって、西方で頻発していた反乱をおさめ、魏の領内に組み込むことに貢献しました。

能力の高さと剛直な性格が、この土地においてはよく機能したのだと言えます。

一方で、正義感が強く、遠慮のない性格は宮中では適したものとはならず、このために左遷されることになってしまったのでした。

中央に行かず、ずっと地方で長官として勤める方が、蘇則には適していたのでしょう。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物