曹真 諸葛亮の侵攻を抑えた魏の将軍

スポンサーリンク

長雨に見まわれる

曹真が西方に向かうにあたり、曹叡は自ら見送りをしました。

曹真は8月に長安を出発し、子午道しごどうから南へと向かいます。

一方で司馬懿は漢水をさかのぼり、南鄭なんていで合流する予定になっていました。

その他にも、斜谷やこく道や武威からも侵入しており、大規模に軍勢が動いています。

しかしながら、この時期に30日以上も雨が降り続いたため、蜀へとつながる桟道が途切れてしまう事態となりました。

蜀へ向かうには、山中の細い道を行軍しなければならず、雨の中を進むのは大変に危険なことでした。

王粛が撤退を進言する

この時、散騎侍郎(皇帝の側近)の王粛が次のように上奏しています。

「曹真の軍は長雨にみまわれ、山や坂は険しい上に滑ります。

軍勢が迫っても進めず、兵糧は遠くから送るので続きにくく、行軍をする者にとっては最も避けなければならない状況です。

曹真は出発してから一ヶ月が過ぎていますが、行軍できたのはわずかに子午谷の半分で、道づくりには兵士の全てが参加しているそうです。

賊(蜀軍)が安逸な状態で待ち構え、こちらは勝手に疲弊していく状況になっています。

これこそ、兵法家がはばかることです」

またこの年は凶作で、軍費が不足しているという事情もあったので、曹叡は曹真に詔勅を下し、撤退を命じています。

こうして曹真の計画は、悪天候のために頓挫したのでした。

曹真地図2

同僚の子どもに領地を分け与える

曹真は若い頃、一族の曹じゅんや、同郷の朱讚しゅさんとともに曹操に仕えていました。

しかし曹遵と朱讚は早くに亡くなったので、曹真は彼らを悼み、自分の領邑を分割し、その子どもたちに与えてほしいと願い出ます。

すると詔勅が下されました。

「大司馬(曹真)は叔向しゅくこうが孤児を養育したのと同じ仁愛を示し、晏嬰あんえいが古い約束を守ったのと同じ篤実さを備えている。

君子とは、人の美徳を完成させるものである。

ゆえに曹真の領邑を分割し、曹遵と朱讚の子を関内候かんだいこうとし、それぞれに百戸を与える」

このように曹真は義理堅く、いたわりの心を持った人物だったのでした。

逝去する

曹真は遠征をした際には、いつも将兵たちと労苦をともにしていました。

そして報償が不足すると、そのたびに家財から分け与えたので、兵士たちの士気は高く、曹真の役に立ちたいと心から願っていました。

やがて曹真は病にかかり、洛陽に帰還すると、曹叡は自ら曹真の屋敷に行幸し、見舞いをします。

しかし曹真は回復することなく231年に逝去し、元候と諡されました。

子の曹そうが後を継いでいます。

子どもたちがいずれも列侯となる

曹叡は曹真の功績を思い起こし、次のように詔勅を下しています。

「大司馬は忠節に富み、二祖(曹操と曹丕)の建国を助けた。

内にあっては皇族としての寵遇をたのみとせず、外にあっては貧しい者を見下すことがなかった。

よく位を維持し、努力と謙虚という徳を備えていた。

よって曹真の五人の子を、みな列侯に取り立てる」

また、これより以前、曹真の弟の曹ひんもまた、曹真の領邑から二百戸をさかれ、列侯に取り立てられています。

後に子孫が司馬懿に滅ぼされる

このようにして、曹真の子らは魏で栄えましたが、後に曹爽が司馬懿と権力を争い、敗れました。

その際に一族がことごとく殺害されてしまったため、曹真の血脈は絶えてしまっています。

この事件によって曹氏の力が大きく衰え、司馬氏の台頭を招くことなりました。

曹真評

三国志の著者・陳寿は「曹真らは皇帝の親族として仕え、それぞれに勲功を立て、功労があった」と評しています。

曹真は諸葛亮の侵攻を防ぐなど、魏の勢力を維持する上で功績を立てています。

一方において、攻勢に出た時にはさほど成功しておらず、三国の枠組みを変えるほどの働きはできませんでした。

これはまだ各国の勢力が堅調に維持されていたからで、曹真個人の問題とばかりも言えませんが。

人格は謙虚かつ誠実で、忠義にも厚く、曹氏の勢力を支える上で、優良な人材だったと言えます。

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物