楊戯 蜀臣たちを称賛する文章を残した、怠惰な官吏

楊戯ようぎは蜀に仕え、主に文官として活動した人物です。

能力はあったものの怠惰な性格で、上司に対しても礼節を守らなかったので、やがて姜維によって免官にされてしまいました。

一方では、友情に篤く、人の優れた点を見抜ける目を持っていました。

それによって『季漢輔臣賛きかんほしんさん』という、蜀臣たちを称揚する文章を残しています。

この文章では、そんな楊戯について書いています。

犍為に生まれる

楊戯はあざな文然ぶんぜんといい、益州の犍為けんい郡、武陽県の出身でした。

若い頃に巴西はせい郡の程祁ていき、巴郡の楊汰ようたい、蜀郡の張表らとともに、名を知られる存在となります。

楊戯はいつも程祁を推し、自分たちの中では最も優れているとみなしていました。

しかし丞相・諸葛亮は、楊戯の能力もまた高く評価していました。

公平な裁判を行い、評価が高まる

楊戯は二十余才で、州の書佐(書記官)から督軍従事となります。

そして軍の裁判を司りますが、法を論じ、疑わしい事件に決裁を下すと、それらが公平で妥当だという評価を受けました。

やがて丞相府に召喚され、主簿(事務長)に任命されます。

こうして楊戯は、出世の足がかりをつかみました。

官職を歴任する

諸葛亮の没後には、尚書右選郎(政務官)となりましたが、諸葛亮の後をついで宰相となった蒋琬しょうえんに請われ、治中従事史になります。

蒋琬が大将軍になって幕府を開くと、再び召し寄せられて東曹掾とうそうえん(側近)になりました。

その後は蜀の南方の統治に携わるようになり、南中郎参軍に昇進し、ついで庲降らいこう都督(蜀南部の統括官)の副将となります。

そして建寧太守を兼任しました。

やがて病にかかったので、成都に戻って護軍監軍となり、それから外に出て梓潼しとう太守を兼任しました。

そして再び朝廷に戻り、射声校尉(上級武官)にもなります。

このように、楊戯は内外の様々な官職を歴任しましたが、清潔かつ簡約にふるまい、わずらわしい行いはしませんでした。

楊戯地図1

蒋琬にかばわれる

楊戯が東曹掾だったころ、上司である蒋琬と議論をしていた時に、たびたび返事をしないことがありました。

これは楊戯がおおまかな性格だったからなのですが、ある人が楊戯を陥れようと思い、蒋琬にこう言い立てました。

とのが話しかけてらっしゃるのに返事をしないとは、楊戯の目上の人を軽んじる態度には、目に余るものがありますな」

すると蒋琬は「人の心が同じでないのは、人の顔がそれぞれに違っているのと同じだ。

面と向かい合う時には従い、後から文句を言うのは、昔の人も戒めているところだ。

楊戯は、わしの方針に賛成をすれば、彼の本心を曲げることになり、わしの言葉に反対をすれば、わしの非を明らかにすることになると考えたのだろう。

それで沈黙していたわけで、これはむしろ爽やかな態度だと言える」と言いました。

このように、楊戯は官吏としては性格に問題があったのですが、寛容な上司のおかげで勤めができていたようです。

姜維に疎まれて免官となる

楊戯は蜀の宰相たちに仕えて来ましたが、257年になると、大将軍の姜維に従って芒水ぼうすいにまで出陣します。

楊戯は普段から姜維に不服を感じており、このためにお酒が入った談笑の席で、いつも調子にのって、姜維を嘲るような言葉を吐いていました。

姜維は、表面的には寛大にふるまっていたのですが、内心では楊戯を忌み嫌い、耐え難く感じていました。

このため、成都に帰還すると司法官が姜維の意を受けて楊戯を提訴し、免官して庶民に落としてしまいます。

楊戯はこうして地位を失った後、261年に亡くなりました。

年を重ねても身を慎むことがなかったので、ついにはその身に災いを招いてしまったのです。

怠惰だったが、友情には厚かった

楊戯は怠惰で、仕事も適当に手を抜いていました。

しかし一度も、甘言を用いて人に取り入ろうとしたり、過度に誰かをひいきにするようなことはありませんでした。

文書によって仕事の指示を与える場合、その文章は短く、紙を一枚、全部使い切ることはなかったといいます。

一方では、旧知の者に対する友情は篤く、誠意と厚情を見せています。

巴西郡の韓儼かんげん黎韜れいとうとは、幼い頃からの親友でしたが、後に韓儼は病のために廃人同然となり、黎韜は行状が悪かったので、周囲の人たちから見放されていました。

楊戯はそんな彼らの生活を気にかけて援助をし、昔からの友情を保っています。

楊戯には、そんな美点もあったのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物