穆皇后(呉莧) 人相見に称賛され、劉備の正室となった女性

スポンサーリンク

皇后となる

219年になると、漢中で曹操を撃退した劉備は、漢中王となりました。

これにともない、呉莧は漢中王后になります。

さらに221年になると、漢王朝が滅亡したので、王統を継承するために、劉備は蜀の皇帝に即位しました。

そして呉莧に任命書を送ります。

ちんは天命を受け、至尊の位につき、万国に君臨することになった。

いま后を皇后とし、使持節・丞相の諸葛亮を遣わし、璽綬じじゅを授け、宗廟を受け継ぎ、天下の母とする。

皇后よ、それやこれを敬むのだぞ」

こうして呉莧は、ついに皇后にまで身分が昇ります。

穆皇后地図

皇太后となる

223年になると、劉備が病のために死去し、代わって劉禅が即位しました。

すると劉禅は呉莧皇太后こうたいごう(皇帝の母)にし、長楽宮と称します。

劉禅は呉莧の実子ではありませんでしたが、身分の形式上、このような措置が取られたのでした。

こうして妹の身分が蜀で高まったので、兄の呉壱は車騎将軍(序列第三位)となり、県候にも封じられています。

劉琰の妻を宮中に留めおく

ところで、蜀臣の中には劉琰りゅうえんという、失脚した元高官がいました。

劉琰の妻は氏といい、容貌が美しいことで知られています。

234年の正月になると、この胡氏は、呉莧への年賀の挨拶のために参内します。

呉莧は胡氏を気に入っていたようで、特に命じて、一ヶ月ほど宮中に滞在させました。

これ自体は何でもないようなことでしたが、夫の劉琰が疑心を抱いたことから、事件が発生します。

劉琰が処刑される

胡氏は美人だったので、劉琰は妻が宮中に留め置かれている間に、劉禅と密通したのではないかと邪推しました。

劉琰はこの時期、失脚して失意の中にありましたので、精神が不安定になっていたようです。

劉琰は吏卒を呼んで妻をむちで打たせ、履き物で顔を殴ってから離縁するという、横暴なふるまいに出ました。

これに怒った胡氏が劉琰を告訴すると、取り調べの結果有罪と判断され、劉琰は市場に引き出され、処刑されています。

皇帝である劉禅が不倫をしたのではないかと、疑ったことが特に咎められたのでしょう。

この結果、蜀では大官の妻や母が、朝賀に参内する風習が絶えてしまいました。

呉莧に悪気があったわけではないでしょうが、その行動が思わぬ騒動を引き起こしてしまったのでした。

やがて亡くなる

ともあれ、このようにして、呉莧は人相見が予測した通りの、高い身分に昇りました。

しかし、呉莧自身がどのような人で、このような身分の変遷をどう思っていたのかは、伝わっていません。

245年に呉莧は逝去し、劉備が眠る恵陵に合葬されました。

そして穆皇后と諡されています。