袁術 仲の皇帝を名のるも、蜂蜜も得られずに最期を迎える

袁術えんじゅつは後漢の末期に群雄のひとりとして活動し、やがて皇帝を僭称した人物です。

一時は孫堅や孫策を従えて強勢を誇りましたが、信義に欠け、人望が乏しかったので孤立していきました。

ちゅうという国を建国したものの、諸侯から承認されず、曹操に敗れて勢力を失います。

そして家臣たちにも見捨てられ、貧窮してみじめな最期を迎えることになりました。

この文章では、そんな袁術の生涯を書いてみます。

【袁術の肖像画】

名門に生まれる

袁術は字を公路といい、州の汝南じょなん郡で誕生しました。

生年は確定していませんが、155年頃に生まれたのではないかと言われています。

父は司空しくうという大臣の地位にあった袁逢えんほうでした。

袁氏は後漢において、代々「三公」と呼ばれる最高位の官吏を輩出しており、名門として世に知られています。
(司空も三公のひとつです)

袁術もその一員であり、そのことが袁術を乱世において、群雄の一角に仕立て上げたのだと言えます。

袁紹の従兄弟であり、ライバルだった

袁術の従兄弟には袁紹がいました。

袁紹は名門の出身であるにも関わらず、謙虚な性格だったために人望を得ており、若くして有名になっています。

袁術は袁紹の名声を妬み、ことあるごとに「あいつは出自が低い」といったように、袁紹を貶める発言をしていました。
(おそらくは袁紹の母親の身分が低かったのでしょう。)

このふたりは同世代で、それゆえに次の袁氏一門の宗長の立場を争う関係でした。

このため、袁術は袁紹に激しく対抗心を燃やしており、袁紹をこき下ろしていたのはそれが理由でした。

若い頃は侠者としてふるまっていた

袁術は若い頃は侠者としてふるまい、柄の悪い連中と付き合って放蕩生活を送っています。

一方では俠気おとこぎがあることでも知られていましたが、やがて心を入れ替え、まっとうな生活を送るようになります。

このままでは袁紹に差をつけられるばかりだと自覚し、態度を改めたのでしょう。

そして孝廉こうれんに推挙され、郎中ろうちゅう(皇帝の護衛官)に任命されました。

こうして袁術は名門の一族にふさわしい、官吏として道をたどっていくことになります。

しかし袁術の本質は放蕩者であり、この時は一時的に自分を抑えていただけだったことが、後に発覚してゆきます。

順調に出世するが、やがて董卓が台頭する

袁術は中央と地方の職を歴任し、やがて虎賁こほん中郎将という、近衛兵の指揮官に就任します。

こうして袁術は順調に出世を遂げ、中央権力に近接する立場についたのですが、189年に霊帝が崩御すると、後漢の朝廷は激震に見まわれました。

この頃の朝廷では、宦官かんがんと官吏・軍人たちが政争を行っていました。

そうした状況下で、袁術は大将軍の何進かしんに与し、宦官の追い落としを狙います。

しかし何進が宮中に参内した際に、宦官の意を受けた兵士たちに暗殺されてしまいました。

すると袁術は袁紹とともに宮中に乱入し、宦官たちを皆殺しにして状況を打開しようとします。

しかし宦官の残党が、幼い少帝とその弟をさらい、宮中から逃亡しました。

その一行を、辺境から呼び寄せられていた董卓が抑え、皇帝の身柄を確保します。

そして董卓は謀略によって都に集まっていた軍勢をすべて掌握し、朝廷を乗っ取ってしまったのでした。

結果的に、袁術らの活動は董卓を利したことになります。

後将軍となるも、都を脱出する

やがて董卓は少帝を廃し、その弟を新たな皇帝(献帝)にすげ替えました。

そしてそれまで勢力を持っていた何進の一族を排除し、都で横暴にふるまうようになります。

街の住民を殺戮して財産を略奪したり、ささいな落ち度のあった役人を殺害したり、国家の財産を横領したりと、まさしく暴君として君臨したのでした。

一方、董卓は実力者たちを懐柔しようと、地方の刺史しし(長官)に任命するなどして、地位を与えてもいます。

そうした動きの中で、袁術もこう将軍の地位を得ますが、董卓の側にいては、いつなんどき災いが降りかかってくるか、知れたものではありません。

このため、袁術は都の洛陽を脱出し、けい州の南陽に逃亡したのでした。

南陽を支配する

ちょうど袁術が南陽に逃れた頃、長沙の太守だった孫堅が、南陽太守の張咨ちょうしを殺害しており、このために南陽の統治者が不在となっていました。

袁術はこの好機を活かし、南陽郡を我が物とします。

南陽は後漢全土の中でも特に発展していた地域で、人口は200万を超え、経済的にも豊かな土地でした。

それを手に入れた袁術はただちに放蕩者としての本性を現し、南陽の人々から際限なく税金を取り立て、贅沢ざんまいな暮らしを始めます。

このために南陽の住民は苦しめられますが、袁術はこの後も各地で同じことを繰り返しており、まったく統治者には向かない人物だったのだと言えます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史 その他の勢力

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物