張郃 馬謖を打ち負かすなど、各地の戦いで活躍した魏の名将

スポンサーリンク

張郃ちょうこうは袁紹や曹操に仕えて活躍した将軍です。

黄巾の乱の頃から戦い始め、諸葛亮の北伐の時代まで各地で活躍し続けました。

張遼や徐晃と並び称されており、魏における最も優れた将軍の一人に数えられています。

最後は上司となった司馬懿と意見が合わず、それが原因で戦死することになってしまいました。

この文章では、そんな張郃について書いています。

張郃

河間に生まれる

張郃はあざな儁乂しゅんがいといい、河間かかんばく県の出身でした。

後漢の末期に黄巾賊の討伐軍に応募し、軍司馬(指揮官)に任命され、韓馥かんふくに所属します。

韓馥は州牧(長官)の地位を得ていましたが、気が弱かったので乱世の中で地位を保つことができず、やがて袁紹に譲っています。

このために張郃は、率いていた兵士たちとともに袁紹に帰属しました。

張郃地図

公孫瓚の撃破に貢献する

袁紹は張郃を校尉に任命し、公孫瓚こうそんさんとの戦いに起用します。

公孫瓚は幽州に勢力を築き、隣接する冀州を支配する袁紹と、激しく争っていました。

やがて袁紹は公孫瓚を撃破しますが、この戦いでの張郃の功績は大きなものでした。

このため、ねい國中郎將に昇進します。

官渡の戦いで袁紹の元を去る

その後、張郃は袁紹と曹操の決戦となった、官渡の戦いにも参加しています。

これ以前に、張郃は「公(袁紹)は連勝しておられますが、曹操とは戦わないほうがよいでしょう。密かに軽騎兵を南に派遣して交通を絶たせれば、敵は自ずから敗れます」と進言していました。

しかし袁紹はこれを聞き入れず、自ら大軍を率いて曹操に決戦を挑みます。

袁紹は曹操が立てこもる官渡城を攻撃しますが、なかなか攻め落とすことができず、戦況が膠着しました。

すると袁紹陣営から裏切り者が出て、袁紹軍の食糧が烏巣うそうに蓄えられている、という情報を曹操に伝えます。

これを知った曹操は、自ら五千の兵を率いて烏巣を襲撃しました。

張郃はこの時、「曹操は精兵を率いていますので、淳于瓊じゅんうけい(烏巣の守将)は必ず打ち破られます。淳于瓊が敗れれば、戦いは終わってしまいます。なので急ぎ兵を引き連れ、救援するべきです」と主張します。

これに、重臣である郭図かくとが反対意見を述べました。

「張郃の計略は間違っています。曹操の本営を攻撃するべきです。そうすれば事の勢いからして、曹操は必ず撤退するでしょう。救援せずとも事態は解決します」

張郃は「曹操の陣営は堅固ですので、攻撃しても陥落させることはできません。もし淳于瓊らが捕縛されでもしたら、我々もことごとく捕らえられてしまいますぞ」と重ねて述べます。

このように意見が割れた結果、袁紹は中途半端な選択をしてしまいます。

袁紹は軽騎兵を烏巣の救援に差し向け、一方で重装兵を曹操の陣営に差し向け、戦力を二分しました。

しかし張郃が予測した通り、曹操の本営を攻略できず、淳于瓊も打ち破られるという最悪の結果になり、袁紹軍は壊滅します。

郭図はこれを恥じ入りましたが、一方で張郃のことを中傷しました。

「張郃は軍が敗北したことを喜んでおり、不遜な発言をしています」

張郃はこれを恐れ、袁紹陣営から離脱し、曹操に帰順します。

曹操に歓迎される

曹操は張郃を得たことを喜び、「その昔、伍子胥ごししょは早く悟らなかったので、自らの身を危機に陥れた。微氏びしいんを去り、韓信が漢に帰属したようなものだろう」と述べました。

伍子胥は仕えていた王と不仲になったにも関わらず、国を去らなかったので処刑されてしまった人物です。

一方、微子は殷の国王である弟と対立した際に、殷を去って難を逃れた人物です。

そして殷の滅亡後、新しく立った周王朝から要請を受け、殷の遺民を引き連れて宋を建国しました。

また、韓信ははじめ項羽に仕えていましたが、志を得られなかったので、劉邦に仕えた将軍でした。

つまり曹操は張郃がその身に危険をもたらす主君から離れ、繁栄をもたらす相手に仕えたのだと述べたのでした。

曹操は張郃を偏将軍に任命し、都亭候の爵位を与え、厚遇します。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物