任峻 曹操に仕え、屯田を実施して食糧の増産と輸送に活躍した人物

スポンサーリンク

食糧の補給を担当する

曹操が各地に征伐に出るたびに、任峻はその留守を守り、軍需物資の補給を担当しました。

しかしある時、飢饉が発生し、食糧が不足する事態に陥ります。

すると羽林監うりんかん(近衛兵隊長)の棗祇そうしが屯田を行う提案をしましたが、これを受け、曹操は任峻を典農てんのう中郎将に任命し、食糧の増産を司らせました。

任峻は人を集めてきょの県下で屯田を行わせ、農地を拡大し、収穫量を増やしていきます。

任峻地図

この結果、曹操軍は百万石もの穀物を得ることができました。

そして各地の郡と国に田畑を司る役人を配置し、至るところであわを生産したので、数年のうちに倉庫は穀物で満ちるほどになります。

この任峻の働きが、曹操の軍事活動を支えることになります。

食糧輸送を円滑に行う

200年に、曹操は官渡かんとで袁紹と戦っていた際に、任峻に兵器と食糧の輸送を任せました。

しかし袁紹軍が攻めこんで来て、たびたび輸送路を断ち切ったので、任峻は対抗措置をとります。

任峻は車一千台を一部隊として編成し、それを十列に並べて進み、その周囲を軍勢で二重に囲んで護衛をしました。

こうして一万台の車を連ね、食糧をまとめて運びつつ、それを大軍で護衛することで、襲撃してくる敵の別動隊には、手出しができないようにしたのでした。

これとは逆に、袁紹軍は食糧の護衛に失敗し、曹操に焼き払われたことで、官渡の戦いに敗北しています。

任峻が食糧輸送を滞りなく行ったことも、官渡の戦いの勝因になったのでした。

爵位を得る

このように、曹操の軍事や国事において、必要な物資が豊富に満たされるようになったのは、棗祇の発議したことを、任峻が実現したことによります。

曹操は任峻のこうした働きを高く評価し、上奏して都亭とてい候の爵位を与えました

領邑は三百戸で、加えて長水ちょうすい校尉に昇進しています。

逝去する

任峻は寛大で、人情深く、包容力のある人柄でした。

物事の道理をよく理解しており、意見を述べると、曹操はよく感心してそれを聞いていました。

飢饉が発生した際には、友人たちの遺児を引き取って面倒をみてやり、父方か母方かにこだわらず、窮乏した一族を助けたので、その徳行が称賛されています。

任峻は204年に逝去しましたが、曹操は彼を惜しみ、しばらく涙を流し続けました。

子の任せんが後を継ぎましたが、彼が逝去すると、後継者がいなかったので、領邑が没収されています。

しかしその後、魏の皇帝になった曹丕が、過去にさかのぼって功臣を顕彰した際に、任峻に成候とおくりなをします。

そして任峻の次男の子・任覧を関内かんだい候に取り立て、再び爵位を与えました。

こうして、任峻の家系が継続されることになっています。

任峻評

三国志の著者・陳寿は「任峻は最初に義兵を挙げ、それから太祖(曹操)に帰服した。

そして土地を切り開いて食糧を増産し、倉庫を満たした。

その功績は最高のものだったと言える」と高く評価しています。

任峻は戦いには出ていないため、地味な存在ではありますが、彼のように根底を支える人材がいてこそ、曹操の活躍もあったのでした。

後漢の末期には、食糧の生産が不安定になり、各地の群雄は略奪をしたり、食糧のある場所を求めて流れて行く者がほとんどでした。

そんな中、農業を振興し、安定して食糧を確保したことが、曹操が天下の大半を支配するに至る下地となっています。

任峻はその点において、おおいに曹操に貢献したのでした。