宗預 孫権と渡り合い、諸葛瞻に媚びなかった剛直な将軍

スポンサーリンク

孫権に別れを惜しまれる

宗預はそれから、再び呉に使いをしました。

その別れの際に、孫権は宗預の手を取り、涙を流して語ります。

「君はいつも命を受け、呉と蜀の友好関係の維持に貢献をしてきた。

いま君は高齢で、わしもまた老いて衰えた。

おそらく、もう二度と会えぬだろう」

そして餞別として、宗預に大きな真珠を一こく(約31kg)も与えました。

この頃には孫権も60才を超えており、やがて252年に亡くなっています。

昇進するも、病を得る

宗預はその後もしばらくは壮健で、後将軍に昇進し、永安(白帝城)に駐屯する部隊の指揮官となりました。

そして任地で征西大将軍に就任し、関内候かんだいこうの爵位を与えられます。

こうして宗預は、蜀軍の重鎮の地位を占めるようになります。

しかし258年になると、病気のために成都に召喚されました。

まだ引退はしなかったようで、後に鎮軍大将軍となり、えん州刺史(長官)にも任じられています。

宗預地図2

諸葛瞻に会いに行かず

この頃には、諸葛亮の子・諸葛せんが朝廷の諸事を取り仕切るようになりました。

すると同じく老将の廖化りょうかが宗預を訪ねてきて、一緒に諸葛瞻に挨拶に行こうと申し出ます。

しかし宗預は「われわれは70才を越え、すでに己に過ぎた地位をかすめ取っている。

ただ訪れていないのは死だけだ。

何を求めて年少の者を訪ねるのか。

こせこせとした事は、しない方がよい」と答え、行きませんでした。

年老いてもなお、その気概には衰えがなかったようです。

蜀が滅亡した直後に亡くなる

やがて蜀は263年に滅亡しましたが、宗預はまだ存命でした。

その翌264年の春に、宗預は廖化とともに、洛陽に移住を命じられましたが、道中で病のために亡くなっています。

この両名は蜀の建国以前から仕えており、その終焉までもを見送ってから、亡くなったことになります。

宗預評

三国志の著者・陳寿は「宗預は孫権の厳しい追求にもひるまず、称賛されるべきところがあった」と評しています。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物