馬良 「白眉もっともよし」と称賛された、誠実な秀才の生涯

馬良ばりょうは劉備に仕え、外交官や側近として活動した人物です。

あざな季常きじょうといい、荊州の襄陽じょうよう宜城ぎじょう県の出身でした。

187年に誕生しています。


【許昌に設置された馬良像】

馬氏の五常

馬氏には馬良を含む五人の兄弟がおり、いずれも秀才だと評判になっていました。

このため郷里では「馬氏の五常、白眉はくびもっともよし」と語られています。

これは「馬氏には五人の兄弟がいて、その中で白眉(馬良)が最も優れている」という意味です。

「五常」は、兄弟全員の字に「常」が使われていたことから、こう呼ばれました。

また、馬良は眉に白い毛が混じっていたので、白眉というあだ名で呼ばれたのです。

これが秀でた人物を指す「白眉」の語源になりました。

劉備に召し出される

劉備は208年に曹操に赤壁で勝利し、荊州南部の支配者になります。

するとやがて馬良を召し出し、従事(幕僚)に任命しました。

馬良は諸葛亮と義兄弟か、あるいは血縁関係にあったと言われています。

このため、諸葛亮が劉備に馬良を推薦をしたのでしょう。

この頃に弟の馬謖ばしょくもまた従事になっており、兄弟がそろって劉備に仕えることになりました。

なお、馬良が五人兄弟のうちの四男で、馬謖が五男でした。

上の三人の兄たちは仕官をしなかったようで、名前が伝わっていません。

諸葛亮に手紙を送って益州に向かう

やがて劉備は益州に遠征し、領主の劉璋を攻撃します。

そして214年には重要拠点であるらく城を攻め落とし、劉璋を追いつめました。

この時に諸葛亮は益州におもむいて攻撃に参加していましたが、馬良は荊州に留められています。

馬良は自分も益州に行きたいと思い、教養を活かした典雅な手紙を諸葛亮に送りました。

少々長いのですが、以下に紹介します。

「雒城はすでに陥落したと聞きましたが、これは天の下した幸いであると言えます。

尊兄(諸葛亮)は世の立て直しに力を尽くされ、大業の樹立に関わり、国家に光をもたらしておられますが、その成功の兆しはすでに現れています。

変化に対して必要なのは優れた思慮であり、判断において必要なのは、明察を働かせることです。

才能のある者を選びますれば、時代の求めるものに適合するでしょう。

叡智をあらわにせず、遠くにいる人々を喜ばせ、天地にまで徳を発揮し、世の人々が道理に従うことが、かなうといたしましょう。

これは高雅な音を鳴らして淫らな音をただし、他の音を乱すことなく調和を保つ至高の演奏であり、伯牙はくが師曠しこうといった琴の名人たちの調べと同じです。

鍾子期しょうしき(伯牙の演奏の理解者)ではありませんが、私もまた、これに合わせて拍子を取らないでおられましょうか」

馬良は諸葛亮らの行動を優れた音楽の演奏に例え、自分もその拍子を取るのに居合わせさせてほしい、つまりは益州に呼んでほしいと伝えたのでした。

まわりくどいと言えばまわりくどいですが、馬良にはこういった手紙を書ける教養が備わっており、かつ積極的な面がありました。

諸葛亮はこれを読んで劉備に伝えたところ、劉備は自らの官位である左将軍のえん(属官)として、馬良を益州に呼び寄せます。

孫権への使者を務める

やがて馬良は、呉の孫権への使者を務めることになります。

その時に、孫権と面識がある諸葛亮に、紹介状を書いてくださいと頼みました。

すると、馬良の文才を知っている諸葛亮は「君が自分で作ってみなさい」と答えます。

このために馬良は自分で自分を紹介することになったのですが、その文章は次のようなものでした。

「わが君(劉備)は掾の馬良を派遣し、ご挨拶をしてあなたとの友好関係を保ち、昆吾氏こんごし豕韋いし(いずれも古代中国の覇者)の勲功を受け継ぐ所存です。

この者(馬良)は立派な人物で、荊州出身の善士です。

一時の華やかさには乏しいものの、最後まで持続する美を備えています。

願わくは御心を曲げて受納され、お取り次ぎ役によろしくおとりはからいください」

これを読んだ諸葛亮は、そのまま用いるように馬良に告げました。

馬良がこの文書を携えて呉を訪れると、果たして孫権は、敬意を持って馬良を処遇します。

自分で「立派な人物」と書いてしまうところがおかしくもありますが、馬良は自分には華やかさはないものの、持続的に物事に取り組んでこそ、光るものがあると自負していたようです。

このことから、馬良は努力して教養を身につけ、知性を磨いていた人物だということがわかります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物