張嶷 劉禅から崇敬を受け、陳寿に称賛された蜀の名将

スポンサーリンク

費禕に警告を送る

張嶷は費禕ひいが大将軍になったばかりの頃、本性のままに博愛精神を発揮し、帰順して間もない者まで信用をするのを見て、危ぶんでいました。

このため、文書を送ってこれを戒めています。

「昔、岑彭しんほうは軍兵を率いながら、来歙らいきゅうは節(軍の独自裁量権)を杖にしながら、ともに刺客によって殺害されました。
(どちらも後漢の祖・光武帝に仕えた武将)

いま、明将軍とのの地位は尊く、権限が重いのですから、過去の出来事を鏡にし、警戒なさってください」

しかし費禕は態度を改めず、このために張嶷が不安視した通り、魏の降伏者である郭脩かくしゅうによって暗殺されてしまいました。

諸葛瞻に手紙を送る

呉の太傅たいふ(皇帝の師)である諸葛かくは、はじめて魏軍を打ち破ると、そのまま魏を攻略しようとして大軍を動員しました。

一方で蜀の侍中である諸葛せんは、諸葛亮の子で、諸葛恪の従弟でした。

このため、張嶷は諸葛瞻に手紙を出して、次のように述べています。

「東呉の君主(孫権)は崩御されたばかりで、皇帝はまことに幼くおわします。

太傅(諸葛恪)は幼主を委託され、重責を担われました。

これは容易にやり遂げられることではありません。

皇族として優れた才能を備えた周公ですら、なお管叔かんしゅく蔡叔さいしゅくによる流言の変事がありました。

霍光かくこうが任務を受けた時もまた、燕王旦えんおうたんらの陰謀がありました。

幸いにして、成王や昭帝の明察のおかげで、かろうじて災難を逃れています。

昔から常に、呉の君主は生殺与奪の権を臣下には委ねないと聞いています。

しかしこのたび、命が尽きようとする状況で、にわかに太傅を召し寄せ、後のことを託されました。

これはまことに憂うべき事態です。

それに加え、呉楚の者たちは荒々しく、軽はずみであると、昔の書物に記されています。

ところが太傅は幼帝の側を離れ、敵地に入れられるのです。

おそらく長期的な計略に基づく行動ではないでしょう。

東国は綱紀が粛然とし、上下が仲むつまじいといっても、百のうちで一つでも失敗があれば、聡明な人間でも予測しえないことが起こります。

過去の例によって今を判断するのなら、今は過去と同じことになります。

あなたが太傅に忠告をなさらなければ、いったい誰が言葉を尽くして忠告をするでしょうか。

軍を引きあげ農業を盛んにし、恩徳を施すように努めてから、数年のうちに東西で兵を挙げても、決して遅くありません。

願わくば、深くご高察くださいますように」

諸葛恪は結局、張嶷が危惧した通りに、敗戦した挙げ句に一族を皆殺しにされてしまいました。

張嶷はこのように、優れた見識と先を見通す能力を持っており、このために戦いに常に勝利することができたようです。

帰還に際して惜しまれる

張嶷は郡に15年も在任していましたが、これによって越巂はすっかりと平和になりました。

このため、たびたび帰還を願い出た結果、やがて召喚されて成都におもむくことになります。

すると異民族の者たちは張嶷を恋慕い、こしき(馬車の車軸)にすがり、涙を流して悲しみました。

そして旄牛の村を通過する時には、村長が子どもを背負って迎えに出て、蜀郡との境界まで後を追ってきました。

連れだって張嶷に随行し、朝貢した頭目は百人以上に上っています。

このように、張嶷の統治がうまくいっていたことを示す出来事が、たくさん起きたのでした。

張嶷は都につくと、盪寇とうこう将軍に任命されます。

気ままで率直な性格だった

張嶷は激しい性格の持ち主で、士人のほとんどはその人柄に敬意を抱きました。

しかし気ままにふるまうことが多く、礼を軽んじることがあったので、それを理由にして悪口を言われることもありました。

車騎将軍の地位にあった夏候が張嶷に対し「あなたとはこれまで疎遠でしたが、旧知の人と同じように心をよせています。

どうかこの気持ちを知って下さい」と言いました。

すると張嶷は「私はまだあなたを理解していませんし、あなたはまだ私を理解なさっていません。

友情の大きな道はまだ遠くにあります。

それなのに、どうして心を寄せるとおっしゃるのですか。

願わくば、三年がたってから、改めてその言葉を言ってください」と返答しました。

これを聞くと、見識のある人たちは立派な態度だとして評価しています。

【次のページに続く▼】