張嶷 劉禅から崇敬を受け、陳寿に称賛された蜀の名将

スポンサーリンク

狄道に出陣する

張嶷が帰還したのは254年でしたが、この年に、魏に属する狄道てきどうの長・李簡りかんが、蜀に密書を送って降伏を申し出てきました。

張嶷はこの時、麻痺症の持病を抱えていましたが、成都についてからしばらくして、これが悪化していました。

そして杖にすがらないと、起きあがることもできなくなっています。

長く辺境にいたので、あるいは風土病にかかっていたのかもしれません。

そうした中で李簡の降伏の話が持ち上がりましたが、人々はみな偽りではないかと疑いました。

しかし張嶷だけは「偽りではありません」と主張します。

このため、衛将軍の姜維きょういが、張嶷らを率いて出陣することになりました。

敵地に一身を捧げるために出陣する

この出陣に際し、張嶷は都に帰ったばかりで、足もよく動かないようなので、行軍には加われないのではないかと取りざたされました。

それを聞くと張嶷は、中原で思う存分に働き、敵地で一身を捧げたいと自ら願い出ています。

出発に臨んで、劉禅に対し、次のように別れを告げました。

「臣は聡明な陛下の御代に生を受け、過分の恩寵をお受けしています。

しかしこの身に病がありますので、急にこの世を去ることになり、ご厚遇に背くことにはならないかと、つねに恐れて参りました。

天はわが願いをかなえてくれ、軍事に参加することができました。

もしも涼州を平定しましたならば、臣は国境の外にあって、守将の役を務めましょう。

もしも勝利を得られなければ、この身を犠牲にして恩に報いる所存です」

これを聞いた劉禅は張嶷の心意気に感じ入り、彼のために涙を流しました。

戦死する

狄道に到着すると、張嶷の予想通りに、李簡は城中の吏民を引きつれて蜀軍を出迎えます。

このため、姜維らはそのまま軍を進め、魏の将軍・徐質じょしつと戦いました。

張嶷はこの戦いで落命しましたが、味方の倍以上の損害を敵に与えるほどに奮戦しており、自らの言葉を守って、命がけで蜀のために尽くしたのでした。

張嶷が亡くなった後、長男の張えいが西郷候に封じられ、次男の張護雄ごゆうが張嶷の爵位を継いでいます。

複数の爵位が与えられたことから、張嶷の一族は厚遇を受けたのだと言えます。

越巂郡の住民たちは張嶷の死を知ると、涙を流して悲しみました。

そして張嶷のために廟を建て、季節ごとと、洪水や干ばつがあるたびに、これを祭ったといいます。

張嶷地図3

張嶷評

三国志の著者・陳寿は「張嶷は見識に優れ、果断に行動した。

その長所をもって名をあらわし、地位を高めたのは、その才能が求められる時節に遭遇したからである」

また、同じく陳寿が記したとされる『益部耆旧伝ききゅうでん』という書物には「私は張嶷の容貌や発言に触れる機会があったが、人を驚かせるようなところはなかった。

しかし、その策略は優れており、その果敢さと激しさは、威光を打ち立てに足るものだった。

臣下としては忠誠心と節義を備え、異民族に対しては、明瞭かつ率直に接する風格があった。

そして動く時には人の模範となるように努めたので、後主(劉禅)は彼に対し、深く敬意を抱いた。

古の英雄といえども、彼よりも優れているとは言えない」

このようにして、陳寿は張嶷を称賛しています。

張嶷が没した時に陳寿は22才でしたので、直接会う機会があったようです。

このように、張嶷は蜀の中にあって、名将と言える存在でした。

病を得ずに魏との戦いで活躍をしていたら、さらにその名声は高まっていたことでしょう。