張楊 大司馬にまでのしあがるも、部下に討たれた呂布の友人

スポンサーリンク

皇帝を支援する

董卓は自らが擁立した献帝を長安に移住させ、そこを本拠地にしていました。

しかし呂布の裏切りによって討たれ、その政権は終焉しています。

その後、呂布もまた董卓の元部下である李確によって長安を追われ、献帝は李確の手に落ちました。

すると李確は董卓以上の暴政を行ったので、長安が著しく衰退します。

このため、献帝は側近とともに長安を脱し、東方に向かって移動しました。

この一行はたびたび賊に襲撃され、物資も不足して危機に陥りましたが、張楊はこの際に兵を引きつれ、河東の安邑あんゆう県に参上し、献帝を支援します。

諸侯となり、さらに地位が高まる

この働きによって、張楊は安国将軍に任じられ、晋陽しんよう候の爵位も与えられました。

張楊は献帝を迎えて洛陽に帰ろうとしましたが、他にも献帝の元に集まっていた諸将、楊奉ようほう董承とうしょう韓暹かんせんらに反対されたので、河内の野王やおう県に引きあげています。

しかし196年になると、楊奉らは結局、献帝を連れて洛陽に還ろうとしました。

これは献帝の身柄を巡って、諸将の間で駆け引きがあり、張楊は身を引いた、ということだったのでしょう。

張楊地図

大司馬となる

しかし楊奉らは物資が欠乏しており、やがて食糧不足に陥ります。

これを知った張楊は食糧を用意し、道の途中で献帝を出迎え、ともに洛陽にたどり着きました。

張楊は諸将に向かって「天子(皇帝)は、天下のすべての人々のための存在であるはずだ」と言って、独占しようとしていることを戒めました。

そして「幸いにして公卿や大臣がおられるので、わしは外難に備えよう。

都にずっととどまるわけにはいかない」と言って、再び野王に戻っています。

ちなみに野王は、洛陽の少し北にありました。

このあたりの動きを見るに、張楊には献帝に対して誠実な態度を取っていたと言えます。

このためか、この後すぐに、張楊は大司馬の位を授けられました。

これは国軍の最高位であり、張楊の身分は一挙に高まったのでした。

地方の一武官が、短期間でここまで出世したところに、乱世がきわまっていたことが現されています。

呂布を支援できず、応援をする

張楊は呂布と同郷で、かねてより仲がよかったのですが、この頃に呂布は、徐州をめぐって曹操と戦っていました。

やがて呂布は曹操に本拠を包囲されてしまったので、張楊は呂布を救援しようとしますが、道を阻まれ、果たすことができませんでした。

このために野王の東の市場に出兵し、遠くから曹操を牽制するにとどまっています。

この結果、張楊は曹操と敵対する立場になりました。

殺害される

こうして張楊は、中央部で一定の勢力を持ちましたが、198年になると、部下の楊醜ようしゅうの手にかかって殺害されてしまいました。

楊醜は、張楊を殺害してその勢力を奪い、曹操に味方しようと考えたのです。

しかし、同じく張楊の部下だった眭固すいこが楊醜を討ち、張楊の軍勢を引きつぎました。

そして北方に向かって袁紹と合流しようとしますが、曹操は史渙しかんを派遣してこれを迎撃し、犬城で撃破します。

そして眭固は討ち取られ、結局のところ、張楊の勢力は曹操に吸収されてしまいました。

兎と犬

『典略』という書物に、次のような挿話が掲載されています。

眭固は字を白兎はくとといいましたが、楊醜を討った後、射犬しゃけんという土地に駐屯していました。

この時、みこが眭固に忠告し「将軍の字は兎ですが、この村の名は犬です。

兎が犬と出会えば、その勢いからして、必ず驚かされることになります。

急ぎここを去られた方がよいでしょう」と言いました。

しかし眭固はこれを聞き入れなかったので、その結果、戦死してしまった、という話になっています。

張楊評

三国志の著者・陳寿は「張楊は臣下に首をとられた。

州郡を支配しながら、匹夫にも劣る者たちであり、論じるほどの価値もない」と、公孫瓚こうそんさんや公孫えん陶謙とうけんと並べ、厳しく評しています。

しかし張楊は危機に陥った献帝を助けようと努めており、諸将といたずらに争わず、その発言は道義にかなったものでした。

そのあたりを考慮すると、この評は適切ではありません。

一方で、問題のある部下を罰しないほど仁愛が深かったのは、欠点であったとも言え、このために最後は裏切られてしまったのかもしれません。

乱世には向かない人物だったと言えます。

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物