裨将軍とは 三国志では黄忠や張遼が就任

将軍は中国の官職で、後漢と三国時代にも設置されていました。

「裨」は「補う」や「小さい」という意味です。

このため、裨将軍は「将軍の補佐役」や「軍の副官」を意味する地位でした。

類似の地位に偏将軍がありましたが、どちらも将軍階級に昇ったばかりの武官が、初めに任命される身分です。

現代で言うと、准将に相当する地位だったと思われます。

将軍の中では一番下の階層で、武官たちはこれを足がかりにして、さらなる出世を目指したのでした。

三国志の中では、黄忠が曹操によって仮の裨将軍に任命された、という記録があります。


【はじめは裨将軍だった黄忠 後に劉備によってより上位の後将軍に任命された】

他にも張遼や徐晃なども、裨将軍に任命されたことがありました。

張遼は、曹操に仕えた当初は中郎将でしたが、そこから裨将軍になり、戦功を立てて行中堅将軍、盪寇とうこう将軍、征東将軍と昇進を重ねていきました。

「夏候惇が曹操の裨将に任命された」という記録もあるのですが、これは「副将」を意味しているのだと思われます。

スポンサーリンク
用語集 官職 三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物