劉封 劉備の養子になるも、諸葛亮によって自害させられた武将

スポンサーリンク

関羽の救援要請に応じず

この年に、荊州南部を統率していた関羽は、北上を開始し、魏の拠点であったはん城や襄陽じょうようを包囲しました。

関羽は劉封や孟達に、「軍を派遣して支援してくれ」と何度も要請しましたが、 劉封らは、山中の郡が従属したばかりなので、動揺を与えたくないと言ってこれを断り、出兵しませんでした。

この後、関羽は呉と魏の連合軍に敗北して捕縛され、処刑されてしまいます。

こうして長年の腹心を失った劉備は、劉封らに対し、恨みを抱くようになりました。

関羽の作戦や、蜀における立場の重要性を思えば、 劉封はこの時、関羽の支援をしておくべきでした。

劉備からすれば、自分の養子であるにも関わらず、蜀のために尽くさなかったわけですから、劉封への心象が、相当に悪くなっただろうと思われます。

この行動によって、劉封の運命は、ほぼ定まってしまったのだと言えます。

孟達と仲違いをし、離反を招く

これに加え、やがて劉封と孟達の関係が悪化し、互いに反目し合うようになります。

そして劉封は、孟達の軍楽隊を没収しました。

孟達はただでさえ、関羽を見捨てたことで、劉備から罪を受けることを恐れていた上に、 この仕打ちによって、劉封に対して怒りと恨みを抱くようになりました。

このため、上表をして劉備に別れを告げ、部下を率いて魏に降伏してしまいます。

こうして劉封は上庸の統率にも失敗し、さらに立場を悪くしました。

孟達に攻め込まれる

魏の皇帝・曹丕は孟達の容姿や才能を高く評価し、散騎常侍・建武将軍に任命し、平陽亭候の爵位をも与えます。

そして房陵・上庸・西城の三郡を合併して新城郡とし、孟達に太守を担当させました。

さらに征南将軍の夏侯尚かこうしょうや、右将軍の徐晃じょこうを派遣し、孟達とともに劉封を攻撃させます。

こうして劉封は孟達を追い出したことで、重大な危機に陥りました。

孟達が手紙を送り、魏への降伏を促す

孟達は攻撃を開始するより前に、劉封に手紙を送り、魏に降伏するようにと促しています。

(この手紙はとても長いので、最後に全文を掲載します)

孟達は、すでに劉備は劉禅を後継者にしており、このために養子である劉封の立場は、かなり危うくなっていることを指摘しました。

なので身を守るために降伏し、寇氏の一族に復帰して魏に仕えれば、やがては大きな国を領地として与えられることになるでしょう、といったことを告げ、勧誘しています。

結果からすると、孟達の指摘は正しかったのですが、 劉封が孟達に従うことはありませんでした。

劉封には劉備への忠誠心や親しみが残っていたのか、反目し合っていた孟達の言葉に従う気にはなれなかったのか、そのあたりは定かではありません。

裏切りがあいつぎ、孤立して敗北する

魏の大軍が迫ってくると、先に降伏していた申儀が反旗を翻したので、劉封は敗北して上庸を脱出し、成都に帰還しました。

この後で、残る申耽も魏に降伏したので、上庸方面はすっかりと魏の手に落ちてしまいます。

劉封は味方を支援せず、部下を出奔しゅっぽんさせ、守るべき土地を失陥したわけで、劉備から見放されても仕方がないほどの失敗を積み重ねました。

このありさまを見た孟達は「劉封や申耽は金城千里きんじょうせんり(広大な要害の地)を根拠地としながら、これを失ってしまった」と慨嘆しました。

降伏の手紙を送ったことも合わせてみると、孟達はそれほど深く劉封のことを憎んでいたわけではなかったようです。

【次のページに続く▼】