典韋 曹操を守って戦死した、怪力無双の勇将

スポンサーリンク

張繡に襲撃される

それから十数日が過ぎると、張繡は曹操を裏切り、陣営を襲撃してきました。

これより以前、曹操が張繡の伯父・張さいの未亡人を妾にしていたのですが、張繡はこのために曹操を不快に思うようになりました。

これを知った曹操は張繡を亡き者にしようとしたのですが、それを知った張繡は、曹操を攻撃することにしたのでした。

つまりは曹操の自業自得だったのだと言えます。

曹操は出撃して戦いましたが、敗北し、軽装の馬に乗って逃走しました。

この時、典韋が敵の追撃を食い止めようと、陣営の門のところで戦ったので、張繡軍は進入することができませんでした。

死闘を演じる

やがて張繡軍は、典韋がいる門から侵入することはあきらめ、迂回して他の門から入り込んできます。

典韋の部下はこの時、まだ十数名が生き残っており、皆が必死になって戦いました。

彼らは一人で十人を相手にするほどに奮闘しましたが、やがて敵が次々と押し寄せ、その数が次第に多くなっていきます。

典韋は長い戟を持ち、右に左に打ちすえ、一つの戟が突き入るごとに、十数本の敵の戟が打ち砕かれました。

こうして典韋はおおいにその武勇を発揮し、多数の敵を撃ち倒します。

孤軍奮闘するも、ついに力尽きる

しかし典韋の左右にいた者たちはみな死傷してしまい、ついに典韋は一人きりになってしまいます。

典韋は体に数十の傷を受けながらも、短い武器を手にして、さらに白兵戦を行いました。

すると敵は進みよって、典韋に組み付きます。

これにひるまず、典韋は二人の敵兵を脇に挟んで、彼らを絞殺しました。

このため、他の敵は満身創痍の典韋を恐れ、進み出ることができなくなります。

典韋は最後の力を振り絞って再び敵に突進し、さらに数人を倒します。

しかしそこで傷口が開いてしまい、目を怒らせ、大声で敵を罵倒しながら、ついに力尽きました。

それを見た敵兵は、やっと思いきって前に進み出て、典韋の首を取っています。

そしてそれを、手から手にわたしてまわり、見物しました。

やがては残った敵軍が全て集まり、典韋の体を眺めました。

敵ながらすさまじい戦いぶりだったので、典韋の姿を一目見たいと思うものが、多かったのでしょう。

こうして典韋は、曹操が無事に撤退できるよう、死力を尽くして戦い抜いたのでした。

曹操は典韋の死を悲しむ

曹操は退却した後、舞陰ぶいんにとどまっていましたが、典韋の死を伝え聞くと、彼のために涙を流しました。

そして遺体を取り返してくる者を募集します。

遺体が戻ってくると、曹操は典韋の葬式に出席して再び涙を流し、棺を襄邑に送り届けさせました。

やがて典韋の働きに報いるため、子の典満を郎中(近衛兵)に任命しています。

その後、曹操は典韋が戦死した場所を通りかかるたびに、中牢ちゅうろう(羊と豚)の生贄を捧げ、典韋を祀りました。

自分の過ちが元で、忠勇な者を死なせてしまったのですから、胸中には複雑なものがあったことでしょう。

曹操は典韋のことを追慕し、典満を司馬に取り立て、身辺に仕えさせました。

やがて曹丕が魏王の地位につくと、典満を都尉に任命し、関内かんだい候の爵位を与えています。

そして243年に、曹操の霊廟に功臣たちが祀られた際には、典韋もその一員に加えられました。

こうして曹氏は、典韋の忠義に報いています。

典韋評

三国志の著者・陳寿は典韋を許褚きょちょと並べて評しています。

「許褚と典韋は曹操の左右で武勇を発揮した。漢の樊噲はんかいにあたる人物だと言える」

樊噲は漢の高祖・劉邦の身辺を守った武人です。

鴻門こうもんの会で劉邦の危機を救ったことで知られていますが、命がけで曹操を守った典韋には、ふさわしいたとえだと言えます。

曹操が襲撃された理由が理由なだけに、少々しまらないところもありますが、それでも典韋の忠義と、武勇のすさまじさが衰えるわけではありません。

日本では源義経を守って戦死した、弁慶が彼に近いのではないかと思われます。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物