荀攸 曹操を中原の覇者に押し立てた名軍師の生涯

スポンサーリンク

荊州に滞在する

荀攸はこの後、辞職して故郷の頴川に戻っています。

その後、再び召還されてえん州・任城のしょう(統治者)に任命されましたが、引き受けませんでした。

当時の兗州は曹操と呂布が争い、荒れ果てていましたので、そのような地に赴任することを、荀攸は望まなかったのでしょう。

荀攸は益州の地勢が堅固で、住民も豊かなことから、戦乱を避けるのによいだろうと考え、蜀郡の太守になることを望みました。

しかし益州もまた混乱の渦中にあり、交通が途絶していたため、その手前にあるけい州に、留まらざるを得なくなります。

この頃、益州は劉焉りゅうえんが統治していましたが、もしも荀攸が無事にたどりついていたら、彼やその子の劉璋に仕えるようになっていたかもしれません。

曹操に招かれる

196年になると、曹操が献帝を迎えて保護し、荒れ果てた洛陽にかわって、きょを新たな都にします。

その頃、曹操は腹心の荀彧に対し、「君にかわって策を立てられる人材はいるかね?」とたずねました。

すると荀彧が「甥の荀攸と、鍾繇しょうようが適任です」と答えたので、曹操は荊州にいる荀攸を、呼び寄せようと書簡を送ります。

「ただいま、天下は大いに乱れ、智謀の士が心を働かせる時である。それなのに、蜀の地で情勢を観望するのが、ずいぶんと長すぎるのではないか?」というのがその内容でした。

荀攸はこれを受け、朝廷に復帰することにします。

おそらくは荀彧もまた、それを促す書簡を送っていたのでしょう。

荀攸が許にたどり着くと、汝南じょなん太守に任命され、ついで尚書しょうしょ(政務官)となり、再び中央の政治に関与するようになります。


【荀攸を招いた曹操 以後、非常に信任するようになる】

曹操の軍師となる

曹操は荀攸がやって来ると、かねてよりその名声を知っていたので、期待をしつつ二人で話をします。

その後で荀彧と鍾繇に向かい、「荀攸は並外れた人物だ。彼と事を図ることができれば、天下には何も憂えることはない」と絶賛しました。

そして荀攸を軍師に任命し、作戦を相談するようになります。

曹操もまた軍略に秀でた人物でしたが、その曹操から絶賛された荀攸は、非常に優れた、策士としての才能を持っていました。

張繡征伐に随行する

198年になると、曹操は張繡ちょうしゅうの征伐に向かい、荀攸はこれに随行します。

張繡は荊州北部に駐屯し、劉表と同盟関係にありました。

このため、荀攸は曹操に対し、次のように意見を述べます。

「張繡と劉表は互いに助け合っており、このために強力です。

しかし、張繡は劉表に食糧を頼っており、もしも劉表が食糧を供給できなくなれば、すぐに離反するでしょう。

今は出撃を見合わせ、両者が仲違いする機会を待ち、こちらに勧誘するのが得策です。

もしも厳しく攻めかかれば、彼らは助け合って抵抗してくるでしょう」

曹操は助言を聞かず、敗北する

しかし曹操は荀攸の意見に従わず、そのまま進軍して張繡と交戦します。

この時点では、まだ荀攸を信頼しきってはいなかったのでしょう。

そして張繡が追いつめられると、荀攸の予想通りに劉表が救援したため、勢いを盛り返され、曹操は敗北してしまいました。

曹操は荀攸に「君の意見を用いなかったから、こんな羽目になってしまったわ」と言って後悔します。

その後、曹操は奇襲部隊を編成して張繡を再度攻撃し、今度は勝利を得ることができました。

呂布への攻撃を主張する

この頃、曹操は西に張繡と劉表、東に呂布を敵として抱えていました。

張繡らを叩いた後、呂布を討伐しようと計画しますが、臣下たちの間で議論が発生します。

その中で、張繡と劉表が背後にいるのに、呂布を攻撃するのは危険だと主張する者たちがいました。

これに対し、荀攸は反論します。

「張繡と劉表は敗北したばかりですので、いまは動くことができない状況にあります。

一方、呂布は勇猛である上に、袁術を後ろ盾にしています。

彼が淮水わいすい泗水しすいのあたりで思うように暴れ回れば、周囲の豪傑たちがこれに呼応し、勢力を拡大するでしょう。

しかしいまは徐州をまとめきれておらず、人々の気持ちは一つになっていませんので、撃破することが可能です。

いまこそ呂布を討つべき時です」

曹操は荀攸の意見を採用し、呂布を討伐するため、徐州に遠征しました。

【次のページに続く▼】