華歆 清廉で徳を備えた魏の宰相

スポンサーリンク

高位につく

華歆は曹操の元に到着すると、議郎ぎろうとなり、司空しくう(大臣。この時は曹操)の軍事にも参与しました。

やがて中央に入ると尚書になり、侍中じちゅう(皇帝の側近)に転任し、荀彧に代わって尚書令しょうしょれい(政務長官)になります。

その後、曹操が孫権を討伐する際には、軍師にもなりました。

このようにして、華歆は政務と軍事の両面において重んじられ、立身していきます。

曹丕の不興を買う

やがて魏国が建国されると、華歆は御史大夫ぎょしたいふ(国政参議官)となり、曹丕が魏王になると、相国しょうこく(首相)を拝命し、安楽郷侯に封じられました。

それから曹丕が帝位につくと、司徒しと(大臣)に地位が変わります。

曹丕が献帝から譲位された際、朝臣は三公(大臣)以下、みな爵位を受けたのですが、華歆は態度や様子が状況に逆らっている(喜んでいない)と判断されたため、爵位が昇進しませんでした。

曹丕はこのために長らく不機嫌になっていましたが、このために尚書令の陳羣ちんぐんにたずねます。

「わしは天命によって禅譲を受けた。すべての諸侯の中で喜ばない者はなく、それは声や表情に表れていた。しかし相国(華歆)と公(陳羣)だけは喜んでいなかった。それはどうしてだ?」

陳羣は席を離れ、平伏して述べます。

わたくしと相国(華歆)は漢朝の臣下でした。ですので、心は喜んでいても、道義が表情に表れたのです。これによって陛下が実に憎しみを抱かれるのではないかと、恐れてはいたのですが」

魏が譲位されたということは、漢が滅んだのだということになりますので、漢の臣下だった華歆らは、それを容易に喜ぶわけにはいかなったのだと、陳羣は述べたのでした。

これを聞いて曹丕は大いに喜び、華歆を重んじるようになります。

清貧な暮らしを送る

華歆は普段から清貧な生活を送り、俸禄や下賜されたものは親戚や知人などにふるまい、家にはわずかな財産もありませんでした。

公卿たちに官有の奴隷(犯罪者の妻子)が下賜されたことがありましたが、華歆だけがこれを解放し、結婚相手を探してやりました。

これを聞いた曹丕は嘆息し、みことのりを下します。

「司徒は国の秀でた長老であり、陰陽を調和する役割を担い、何事によらず処理をしている。いま太官(食膳を担当する官)が贅沢な食事を並べているのに、司徒が粗食をしているのは、はなはだ言われのないことである」

華歆は特に御衣を賜り、その妻子や一族の者たちのためにも、衣服が作られました。

華歆は財に対する欲が薄く、前後に渡って、他の諸侯よりも多くの恩寵を受けていましたが、まるで財産を増やしませんでした。

この様子を見て、陳羣は「華公(華歆)は成功してもおごり高ぶらず、清廉であっても心が狭くない」といって感嘆しました。

学問の重要性を説く

ある時、三公の役所において、「孝廉による推挙は、元は徳行によるものでした。経典の試験によって、起用する者を限る必要はないのではないでしょうか」と発議がなされました。

孝廉は人格を基準とした官吏登用の制度で、清廉さや孝心などを基準に選ばれていました。

選抜には学問の試験も行われていましたが、これが不要ではないかと発議されたのです。

この意見に華歆が反論します。

「動乱が発生してからというもの、六経(儒教の経典)は廃れてしまいました。学問の存立につとめることで、王道があがめられるようにするべきです。制度や法といったものは、経典の盛衰に影響を及ぼします。いま孝廉に経典の試験を課さないことにすれば、おそらく学業はこれから廃れていってしまうでしょう。もし特別な秀才がいれば、特に召し寄せて用いるべきです。それに該当する人がいないことは患いですが、得られないのではないかと患うことはありません」

すると曹丕はその言葉に従いました。

管寧を推挙して地位を譲ろうとする

黃初こうしょ年間(二二〇〜二二六)において、公卿(高官)に詔が下され、世俗と交わらない立派な君子を推挙することが求められました。

この時、華歆は管寧かんねいを推挙します。

管寧は華歆の若いころの友人でしたが、戦乱を逃れて辺境地帯に居住していました。

徳義を備えていると評判を得ていた人物で、曹丕は安車(老人のための、座って乗れる車。古代中国では、車は立って乗るものだった)を用意し、管寧を召し寄せます。

その後、曹丕が亡くなって曹叡が即位すると、博平侯に爵位が進み、五百戸が加増されました。

これによって、以前からのものと合わせて千三百戸になり、太尉たいい(国防大臣)に転任となります。

しかしこの時、華歆は病気になったと称して引退し、地位を管寧に譲ろうとしました。

【次のページに続く▼】