郭嘉 神のごとき智謀を備え、曹操の理解者だった軍師の生涯

孫策の死を予測する

曹操が袁紹と正面から対決するようになった頃、江東では孫策が勢力を伸ばし、曹操の脅威となっていました。

孫策は、曹操と袁紹が官渡かんとで対戦していると知ると、長江を渡って北に向かい、許都を襲撃して皇帝を奪おうと計画します。

人々はこれを聞くと、みな孫策を恐れましたが、郭嘉だけは次のように述べました。

「孫策はまだ江東を併呑したばかりですが、その過程で多くの英雄豪傑たちを殺害しています。

彼らはみな、部下に死力を尽くさせるほどの力を持った者たちでした。

ゆえに主を失った部下たちは、孫策への復讐を考えているはずですが、孫策はそれを軽く考え、警戒しておりません。

ですので、彼が百万の軍勢を持っていたとしても、野原をただ一人で歩いているのと変わりがありません。

もしも刺客が突然襲撃したならば、一人でも孫策をしとめることができるでしょう。

私の観測によりますと、孫策は必ず匹夫ひっぷ(名もなきただの男)の手にかかって死ぬと思われます」

すると孫策は長江を前にして、かつて彼が殺害した、許貢の食客の手にかかって殺害されました。

郭嘉が考えた通り、孫策は刺客を警戒せず、狩猟の際に一人になったところを狙われ、致命傷を負わされたのでした。

郭嘉の予測は常に的確であり、その慧眼は恐るべきものだったと言えます。

郭嘉は各地の情勢や人物の情報を集め、それを分析した上で予測を立てる能力が、誰よりも優れていたのでした。

袁譚と袁尚の討伐に意見を述べる

やがて曹操が袁紹との対決に勝利すると、袁紹は本拠に撤退した後、病にかかって死去しました。

その後、郭嘉は曹操にしたがって袁紹の子・袁たん(長男)や袁しょう(三男)と戦い、たびたび勝利を収めます。

すると将軍たちは、勝ちに乗じて彼らを攻め滅ぼすべきだと考えました。

しかし郭嘉はこれに反対し、次のように述べます。

「袁紹はこの二人の男子を可愛がっていましたが、どちらを後継者にするかを定めませんでした。

郭図と逢紀ほうきがそれぞれに彼らの謀臣となっていますが、必ず争いが発生し、分裂するでしょう。

性急に攻め立てれば彼らは助け合い、攻撃を緩めれば争い合うようになります。

ですので今は南の荊州に向かい、劉表を征伐するふりをして、彼らの心が変わるのを待つほうがよろしいでしょう。

そして変化が発生し、彼らが争い合う中で攻撃をしかければ、一挙に北方を平定することができます」

これを受け、曹操はまたしても「もっともだ」と述べて郭嘉の意見に賛成し、南征を行いました。

袁尚を破る

軍が西平に着いた頃、郭嘉が予測した通り、袁譚と袁尚は主導権を巡って争いを始めます。

やがて袁譚は袁尚の軍に打ち破られ、敗走して平原に撤退しました。

そして窮地に陥ったため、参謀の辛毗しんぴを派遣して曹操に降伏を申し出ます。

曹操はこれを受け入れ、袁尚を打ち破って袁譚を救い出しました。

そして郭嘉は曹操に従い、冀州の州都であるぎょうを平定しています。

袁譚も打ち破って冀州を平定する

袁尚が敗れると、袁譚は北方を自分ひとりの物にしようと画策するようになり、曹操に背きました。

なので曹操はこれを討伐し、冀州の完全な平定に成功しています。

こうして袁譚・袁尚兄弟を争わせ、彼らの分裂を利用して北方を平定するという郭嘉の策が、成功したのでした。

この功績によって、郭嘉は洧陽いよう亭候の爵位と、領邑二百戸を与えられています。

なお、辛評が消息不明となり、郭図が処刑されたのはこの時でした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物