島津斉彬 集成館事業を行い、西郷隆盛を育てた賢君の生涯について

スポンサーリンク

一橋慶喜派が優勢になるも、阿部正弘が急死する

こうして篤姫は家定の正室になりましたが、病弱な家定との間に子が生まれることはありませんでした。

しかし、大奥の情勢を斉彬に正確に知らせ続けたことで、その活動がやりやすくなる、という効果は生み出しました。

やがて家定の病が重くなったことから、次の将軍を誰にするかで、幕閣や諸大名たちの間で本格的な抗争が発生します。

斉彬は西郷に命じて京都で活動させ、公家たちに一橋慶喜こそが将軍にふさわしいと説いて回らせました。

松平慶永や、その腹心である橋本左内も幕府内部に対して同様の活動を行い、この結果、一橋慶喜が将軍となることを望む声が高まっていきます。

しかし一橋慶喜の擁立派にとっては不運なことに、この時期に阿部正弘が病死してしまい、運動の中核を担うべき人材を失ってしまいます。

井伊直弼の強権発動によって、斉彬たちは敗れる

阿部正弘に替わって幕政の中心に立った大老の井伊直弼(なおすけ)は、紀州藩主の徳川慶福(よしとみ)を推し、幕府の内部で工作を進めて行きました。

最終的には、井伊直弼が大老として強権を発動し、強引に慶福を14代将軍に据えており、斉彬らはこの争いに敗れています。

慶福は家茂(いえもち)と名を変えて14代将軍になりますが、その資質はともかく、まだ10才の少年でしかなく、困難な時代の舵取りを、自ら行える存在ではありませんでした。

家茂の推戴は、将軍は飾り物であった方が、幕閣や大奥の女性たちが思いのままに政治を操れるため、都合がよいという考えに基づいていましたが、それは平和な時代の論理であり、危機的な状況下で取るべき方策ではありませんでした。

これには斉彬だけでなく、国難を憂いる諸大名や、在野の志士たちも落胆することになりました。

安政の大獄が始まる

この将軍継嗣問題に引き続き、井伊直弼は日本に不利な条項が含まれる「日米修好通商条約」を朝廷の許可なく締結し、尊王攘夷派(天皇を崇拝し、外国勢力を打ち払うべきであるという派閥)の大名や志士たちから激しく糾弾されることになります。

斉彬の同志である徳川斉昭や松平慶永は、江戸城に登城して井伊直弼を詰問しますが、これに対し、直弼は斉昭や慶永を隠居させるという強引な手段で屈服させます。

このことを西郷から伝え聞いた斉彬は憤り、井伊直弼の動きを抑えるため、薩摩藩兵を動かし、軍事力を背景とした抗議を行うことを決断します。

これは幕府とも軍事的に衝突しかねない行動であり、ずいぶんと思い切った判断であったと言えます。

井伊直弼の強引かつ苛烈な行動を見るに、ここで強硬な手段を用いなければ、大変なことになると察知したのかもしれません。

安政の大獄でもたらされた惨状を見るに、その考えは決して間違っていたとは言えませんでした。

急死する

斉彬は井伊直弼への抗議の意志を明らかにするため、5千の藩兵を率いて上洛する計画を立てました。

しかし兵士たちの訓練を観覧していた最中に病に倒れ、その8日後に急死しています。

コレラに感染したのが原因だとされていますが、症状に不審な点があることから、毒殺されたのではないか、とも噂されました。

犯人は父・斉興や、お由羅の息のかかったものではないかと推測されていますが、真相は定かではありません。

【次のページに続く▼】