程昱(程立) 優れた智謀を備え、曹操の危機を救った軍師の生涯

スポンサーリンク

曹操の招きに応じる

やがて劉岱は、兗州に侵入した黄巾賊の残党を討とうとして、返り討ちにあって死去しました。

すると兗州は、東郡太守だった曹操が刺史に昇進し、統治するようになります。

東郡は程昱の所在地でしたので、曹操は程昱の評判を知っており、配下になるように勧誘してきました。

すると程昱は、今度はそれにあっさりと応じます。

これを知った郷里の人々は、「程昱の行動は、先と今とで矛盾している」と批判します。

程昱は笑って取り合わず、曹操の元に向かいました。

はっきりとは言いませんでしたが、劉岱と曹操では器が違う、と程昱は思っていたのでしょう。

これは192年のことでしたが、程昱はすでに51才になっていました。

なので、遅咲きの人物だったということになります。


【程昱を招いた曹操 程昱は彼が王者になるとみなしていた】

曹操に仕え、反乱に対処する

曹操は程昱と会って話をすると、その智謀を評価し、ひとまず寿張じゅちょうの県令代行に任命しました。

やがて曹操は、父を徐州の盗賊に殺害されたため、その復讐のために討伐に向かいます。

するとその際に、配下の陳宮が曹操を裏切り、流浪していた呂布を兗州に引き込みました。

程昱はこの時、荀彧じゅんいくとともに鄄城けんじょうで留守を守っており、この事態に最前線で対処することになりました。

荀彧とともに残る城を守る

陳宮とともに、曹操が頼みにしていた張邈ちょうばくまでもが裏切ったため、兗州のほとんどの地域が呂布になびいてしまいました。

曹操の側に残ったのは、鄄城とはん、そして程昱の郷里である東阿の三県のみとなります。

やがて呂布の軍から降伏してきた者が、陳宮が東阿を自ら攻め、配下の氾疑はんぎに范を取らせる計画を立てていると知らせたので、鄄城の官吏も民も、これを大いに恐れました。

荀彧はこの時、程昱に「兗州でこちらに残ったのは、三城しかない。

陳宮らの攻撃に対抗するには、この三城が連携して立ち向かわなければならないだろう。

君は民に人望があるから、范に戻って彼らの気持ちをまとめてくれ」と依頼します。

こういった事態になると、地元の出身である程昱の存在価値が大きくなったのでした。

靳允を説得する

程昱はこれを引き受け、范を訪れると、県令の靳允きんいんを説得にかかります。

「あなたは家族を呂布に捕らえられてしまったので、大変に心配をしていることでしょう。

陳宮が反旗をひるがえし、百城がこれに従い、大きな勢力になったように見えます。

しかし呂布は粗暴で親しむ者は少なく、剛情で無礼で、匹夫ひっぷに過ぎません。

陳宮もなりゆきで呂布を主にしているに過ぎず、彼らの仲はうまくいかないでしょう。

兵力が多くとも、最終的には失敗するに決まっています。

一方で曹操どのは不世出の知略を具え、おそらくは天が下されたお方です。

君があくまで范を固守し、私が東阿を守り抜けば、非常に大きな功績を立てることになります。

忠節に外れて悪事に加担し、母子ともに滅びるのと、どちらがよいでしょうか。

よくそのことを考慮していただきたい」

このように程昱が述べると、靳允は程昱に同意し、涙を流して「私は決して裏切りません」と返答しました。

この頃には、氾疑がすでに攻めこんで来ていましたので、靳允は彼を迎えるふりをしておびき寄せ、隠しておいた兵士に命じて刺殺させます。

そして城に戻ると、兵を集めて守りを固めたので、氾が呂布勢力の手に落ちることはありませんでした。

東阿も守り切る

続いて、程昱は東阿を守るため、別動隊を派遣して倉亭津そうていしんの橋を断ち切らせました。

このため、陳宮は東阿に侵入することができなくなります。

そして程昱が東阿に到着すると、すでに県令の棗祇そうしが官民を統制し、守りを固めていました。

程昱は、さらに兗州従事(曹操の副官)の薛悌せつていと協議し、三城を守り抜いて曹操の帰還まで持ちこたえます。

曹操は兗州に戻ってくると、程昱の手をとり、「君の力がなければ、わしは帰るところを失っていただろう」と述べ、大変に感謝をしました。

こうして程昱は、曹操に訪れた大きな危機を救ったのでした。

曹操は程昱の功績に報いるため、東平のしょう(統治者)に任命し、軍勢を与えて氾に駐屯させています。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物