程昱(程立) 優れた智謀を備え、曹操の危機を救った軍師の生涯

スポンサーリンク

曹操に高く評価される

曹丕が程昱に「まだ君には言い足りないことがあるのではないか」とたずねます。

すると程昱は「軍において独断専行が許されるのは、緊急性の高い要件を処理するのに必要だと、認められているからです。

しかし賊はすでに賈信の手中にあり、急いで判断を下す必要はありません。

ですので、私は将軍(曹丕)がこの件を性急に処理するべきではないと思います」と言いました。

すると曹丕は「君の言うことはもっともだ」と述べ、さっそく曹操に事態を知らせました。

すると曹操は程昱が考えた通り、処刑しないようにと伝えてきます。

曹操は討伐からの帰還後、これらのいきさつを知ると、上機嫌になって程昱に言いました。

「君は軍略に明るいだけでなく、他人の親子の仲もうまくさばけるようだ」

こうして程昱は、ますます曹操からの信任が厚くなり、曹丕からも高く評価されるようになります。

さらに出世してから死去する

程昱は剛情な性格だったため、他の臣下たちと衝突することが多く、このために謀反を企んでいる、などと曹操に告げ口をされたことがありました。

しかし程昱を信頼している曹操はこれを取り上げず、ますます程昱を厚遇します。

やがて魏が建国されると、衛尉えいいとなって、宮殿を守る役目に就きました。

曹操や曹丕の身辺を守る立場ですので、相当な信任を受けていたことがうかがえます。

その後、同僚と威儀を争って一時免職となりましたが、220年に曹丕が皇帝になると復帰し、安郷候に昇進しました。

そして領ゆうを三百戸加増され、合計で八百戸となっています。

曹丕はさらに、程昱を宰相に任命しようとしますが、その矢先に逝去しました。

享年は79でした。

曹丕は大変に悲しんで涙を流し、程昱に車騎将軍を追贈しています。

そしてしゅく候とおくりなされました。

子の程武が後を継ぎ、程こく、程良と地位が継承されていっています。

233年には、夏侯惇や曹仁と並んで曹操の霊廟に祭られており、建国の功臣として、その後も高く評価されていたことがうかがえます。

程昱評

三国志の著者・陳寿は程昱を郭嘉かくからと並べ、次のように評しています。

「程昱らは才能・知略に優れた奇士だった。清廉で徳があった荀攸とは、人格面では異なるが、優れたはかりごとを立てた点では、彼らは同等であると言える」

曹操の元には優れた智謀を備えた人材が多数いましたが、程昱もそのうちの一人だったのだと言えます。

その中で、程昱の特徴を挙げるとすると、50代になるまで主君を持たず、仕えるべき相手が世に出てくるのを待っていた点があげられます。

そして曹操を見いだすと、忠実に仕えて最大の危機を乗り切るのに貢献したことから、高く評価され、称賛を受けることになりました。

太陽を捧げる夢の逸話の通り、王者を見いだし、その覇道に貢献するための生涯だったのだと言えます。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物