浅井長政はどうして織田信長を裏切って朝倉義景に味方したのか?

金ヶ崎の退き口

長政は信長との手切れを決めると、直ちに出陣して金ヶ崎にいる織田・徳川連合軍に向かって進軍します。

この時に信長は北の朝倉軍と戦っていましたので、南にいる長政が攻撃すれば、挟み撃ちにすることができます。

長政はこの好機に一気に信長を討ち取ってしまい、その勢力を奪うことをもくろんだのでしょう。

そうすることで、信長との手切れを要求してきた家臣団を従わせることができ、同時に浅井氏の勢力を拡大させることもできるからです。

しかし信長はそう簡単に、長政の思惑通りに倒せる相手ではありませんでした。

信長は長政の裏切りを知ると、10名程度のわずかな供を連れていち早く戦場から脱出し、京都まで遁走しています。

窮地に陥ったと理解したらあっという間に逃げてしまう、信長の判断の見事さが光る行動でした。

このため、長政は信長を取り逃がすことになります。

信長は長政が裏切ったと聞いても最初は信じず、いくつもの報告が続けざまに届いたことで、ようやくそれを認めました。

信長は長政のことを深く信頼していたようで、それだけに裏切りへの怒りも激しいものとなりました。

長政と朝倉軍は織田軍を追撃しますが、木下秀吉や明智光秀らの働きによって阻まれ、大きな戦果をあげることはできませんでした。

こうして長政は信長を討つ好機を逃してしまい、裏切りに怒った信長と戦い続けることになります。

姉川の戦い

長政が敵に回ったことで、信長は美濃や尾張と、畿内の領地が分断される危険に晒されます。

このために北近江を攻略すべく、徳川家康と一緒に軍勢を率いて侵入してきました。

そして北近江の街道沿いの重要拠点である横山城を包囲し、攻撃を開始します。

長政はこれを受け、朝倉氏の援軍とともに出陣し、城を包囲する信長と家康の軍勢に迫りました。

両軍は付近の姉川で会敵し、そこで激戦となります。

この時の信長と家康の軍は合計で1万5千、長政と朝倉の軍は合計で1万3千だったと言われています。

さほど戦力に差がなかったことから、一進一退の攻防となり、息をつく間もないほど両軍は激しく戦い続けました。

やがて家康が浅井・朝倉軍の陣形が縦に伸び切っているのを見てとり、配下の将・榊原康政に命じて側面攻撃を行わせます。

これが成功し、朝倉軍が陣形を乱して崩れました。

それが連鎖的に浅井軍の崩壊を招いてしまい、浅井・朝倉軍は1100人もの死傷者を出して大敗を喫します。

この時に長政の腹心である遠藤直経や弟の浅井政之が戦死しており、大きな打撃を受けました。

長政にとっては、これが始めての大きな敗戦となりました。

信長を裏切ったことを後悔したかもしれませんが、腹心や弟を討たれたことで、もはや引き返せない道へと進んだことになります。

北近江の分断

戦勝を収めた信長はそのまま横山城を攻め落とし、家臣の木下秀吉を城主に任じて守備につかせ、同時に浅井氏の家臣たちに調略をしかけさせます。

横山城が落ちたことで浅井氏の領地は南北に分断され、佐和山城主・磯野員昌(かずまさ)が孤立してしまいました。

やがて食糧などの物資が乏しくなり、員昌は長政に対して物資の補給を要請します。

しかしその頃には秀吉が、「員昌は孤立したことで長政に仕えるのをやめ、織田氏に内通している」という噂を流し、長政に疑念を抱かせていました。

このために長政は員昌に対して物資を送らず、追いつめられた員昌はやむなく信長に降伏し、浅井氏の勢力は大きく減少してしまいます。

この後も秀吉は浅井氏の家臣たちに調略をしかけて寝返らせ、じわじわと弱らせていきます。

長政はこの頃になって、敵に回った信長の恐ろしさに気づいたことでしょう。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
織田 戦国時代 豊臣 浅井

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物