浅井長政はどうして織田信長を裏切って朝倉義景に味方したのか?

娘たちのその後

浅井氏は滅亡しましたが、妻のお市の方は信長の妹であったため、生き残っています。

娘たちはその後、天下人になった信長の一族だったためか、高い身分に登りました。

長女の茶々は信長の勢力を継承した豊臣秀吉の側室となり、秀頼を生みます。

やがて秀頼が豊臣氏の当主になったことで、茶々は大坂城の主になって権勢を振るいますが、後に大坂の陣で徳川家康と争って滅亡しました。

三女のお江は秀吉の養子・秀勝の妻となり、娘を生んでいます。

しかし秀勝が早世したことから未亡人となり、やがて徳川家康の嫡男・秀忠と再婚しました。

秀忠は後に2代将軍となったことから、お江は将軍の妻になっています。

そして家光を生んで3代将軍の母にもなり、権勢を振るいました。

こうして長政の血統は、思わぬ形で権力者たちの一族に受け継がれることになります。

皇室にも長政の血が入っている

お江が秀勝との間に生んだ娘は、後に茶々の養女となり、関白の九条忠栄に嫁いでいます。

そしてはるかに時代を下り、その子孫の節子は大正天皇の妃となりました。

この節子の子が昭和天皇であり、このため、現在の皇室には浅井氏と織田氏の血が流れていることになります。

このような事態になるとは、長政はまるで想像もしなかったでしょうが、信長の妹と結婚したことが、こうした結果をもたらしたことになります。

浅井氏の男系は途絶えたものの、女系は大いに栄えた、と見ることもできるでしょう。

スポンサーリンク
織田 戦国時代 豊臣 浅井

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物