直江兼続は奸臣か、それとも名宰相か?

スポンサーリンク

滅亡の危機に陥る

こうして兼続は若くして権力を獲得していきますが、この頃の上杉氏は織田信長からの攻撃を受け、劣勢に立たされていました。

内乱の影響で弱体化した上に、織田軍の司令官である柴田勝家に越中(富山城)に侵攻され、次々と城を奪われていきます。

さらに1582年には、同盟を結んでいた武田勝頼が織田信忠(信長の嫡子)に攻め込まれて滅亡し、このために信濃(長野県)からも攻め込まれる状況になりました。

さらには上野(群馬県)を信長から預けられた滝川一益もまた、上杉領への攻撃を開始しており、周囲が敵だらけとなって、上杉氏は絶体絶命の危機に陥ります。

この時に景勝は、「六十余州(日本全国)を相手に越後一国をもって戦いを挑み、滅亡するのは、死後のよい思い出である」という手紙を人に送っており、玉砕する覚悟を固めていました。

景勝は織田氏に降伏するつもりはなかったようで、これには兼続も打つ手がなく、潔く戦って散るしかない、という状況でした。

本能寺の変によって窮地を脱する

しかし、1582年の6月に、織田信長は京の本能寺で、家臣の明智光秀の謀反によって死去し、このために上杉領への攻撃は取りやめとなります。

この意外な事態によって、景勝と兼続は窮地を脱することができました。

本能寺の変は、上杉氏にとっては実に幸運な出来事であったと言えます。

やがて武田氏の遺領であった信濃や甲斐(山梨県)から、織田方の武将たちが撤退したため、それらの土地は主のいない空白地となり、争奪戦が発生します。

上杉氏もこれに参戦し、北信濃に領地を確保しました。

この際に、兼続は武田の遺臣たちを取り込み、領地を接収するなどの活動を行い、上杉領の拡大に貢献しています。

景勝との二頭体制が敷かれるようになる

景勝は上杉氏の当主となって以来、狩野秀治と兼続の二人を、特に重く用いていました。

しかし、1584年に狩野秀治が病に倒れたため、これ以後は、兼続は単独の執政として、上杉氏の内政や外交を取り仕切るようになります。

こうして兼続は筆頭家臣としての地位を確立し、景勝との二頭体制は、兼続が死去する時まで継続しました。

それほどに景勝は兼続を買っていたようで、兼続はその期待に応えていくことになります。

他の家臣たちは、景勝を「殿様」と呼び、兼続のことを「旦那」と呼んでおり、この特別扱いは、上杉氏の内部に浸透していったようです。

新発田重家への対応

織田軍の攻勢が止んだことで、上杉氏は一息つける状況になりましたが、領内では大きな問題が残ったままになっていました。

先に述べた通り、景勝は譜代の上田衆を優遇する措置を取ったことで、他の家臣たちの反発を招いています。

この結果、越後の北東部に勢力を持つ新発田重家が、景勝に謀反を起こしました。

この動きには会津(福島県)の領主である蘆名氏や、陸奥南部(宮城県)の領主である伊達氏が裏で糸を引いており、新発田重家への支援を行っています。

景勝は、1583年に新発田重家を討伐するために出兵しますが、激しい抵抗を受けて戦況が膠着します。

そして、豪雨によって陣形が乱れた隙を突かれて大打撃を受け、危うく景勝自身が討ち取られそうになるほどの大敗を喫しました。

後に兼続も新発田重家との戦いに敗れており、容易に討伐を成し遂げることはできませんでした。

蘆名氏を切り崩し、伊達氏との関係を改善する

この苦戦を受け、景勝は先に新発田重家を支援する蘆名氏の切り崩しが必要だと考え、兼続に命じ、当主への不満を抱く蘆名氏の家臣に対し、調略を仕かけさせています。

兼続はこの工作に成功し、1585年には蘆名氏の当主・盛隆が家臣に殺害されました。

さらには伊達氏の当主となった政宗が、会津制覇をもくろんで蘆名氏と戦い始めたことから、兼続は政宗との関係の改善を図ります。

この結果、政宗は上杉氏に対し、新発田城につながる道路の通行を許可するなど、越後への介入を中止する方針を取っており、新発田重家を外交的に追い込むことに成功します。

【次のページに続く▼】