荀彧 曹操の元で王佐の才を発揮するも、自害に追い込まれた悲運の宰相について

曹操は儒教を嫌っていた

曹操はこれまでは表にあらわしていませんでしたが、荀彧とは違って儒教を重んじる心を持っておらず、それにふさわしい実力を得たのであれば、漢に自分が取って代わってもよいではないかと考えるようになっていました。

事実、208年に曹操は、孔子の子孫である孔融を、妻子ともども処刑してその系譜を絶ち、後世から非難を受ける原因を作っています。

また、曹操は人材登用の方法を、それまで徳を備えているかを問う孝廉が重視される状況を変え、唯才(ゆいざい)という、人格を問わずに才能を重視する方針に切り替えるなど、明確に儒教の思想と違えた方針を取るようになっていました。

また、こうした姿勢を見せることにより、漢王室からの皇位の簒奪を正当化しようとする意志も持っていたのだと思われます。

このため、儒教の思想と道徳を重視する荀彧とは相容れぬ関係になっていき、これまでは順調に行っていた君臣の間に、大きな亀裂が走ることになります。

その死

212年のうちに、曹操は孫権を討伐すべく出兵しますが、この時に荀彧も軍勢の慰労に赴くようにと命じられました。

このために荀彧は珍しく従軍をしますが、やがて病にかかって寿春に残留することになります。

そこで急に病が重くなり、苦しみのうちに死去したと言われています。

この時に荀彧は、曹操から中身が空の器を贈られており、これを「お前はもう必要ない」と告げられたのだと解釈し、自殺したとされています。

事前に荀彧を都の外に連れ出す措置を取っていることから、その状況を利用して曹操が荀彧を殺害した可能性もあるでしょう。

いずれにしても、この頃には曹操にとって荀彧は、「最大の功臣」から「野望の邪魔をする不要な存在」へと格下げされており、このために排除された、とみるのが妥当なようです。

こうして荀彧は曹操の覇業に多大な貢献をしたにも関わらず、あっさりと切り捨てられてしまいました。

享年は50でした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物