賈詡 張繡や曹操に仕えて活躍した智謀の士

スポンサーリンク

曹操の諮問に答える

また一方で、曹操もまた人払いをした上で、賈詡に後継者問題を相談したことがありました。

すると賈詡は押し黙り、答えを返しませんでした。

曹操が「君に相談しているのに、答えないのはどうしてだ?」とたずねます。

賈詡は「しばし思うところがありましたので、すぐにお答えできなかったのです」と言いました。

曹操が「いったい何を考えていたのだ?」と質問をすると、賈詡は「袁本初(袁紹)と劉景升けいしょう(劉表)親子のことを考えていたのです」と答えます。

すると曹操は大笑いをし、曹丕を太子にすることを決断し、この問題に決着がつきました。

袁紹も劉表も、どちらも嫡子を後継者に指名しなかったために、死後に子どもたちが争い、勢力が分裂し、やがて滅亡してしまいました。

曹操はそれを利用して勢力を拡大したのですが、自分が同じ失敗をして曹氏が衰退しないよう、嫡子である曹丕を後継者に決定したのです。

疑われないよう、ひっそりと暮らす

賈詡は自分が曹操の古くからの臣下ではないのに、策謀を得意としていたことから、人から疑われることを警戒していました。

このため、普段は門を閉じてひっそりと暮らし、朝廷から退出した後では、私的な交際をしませんでした。

そして息子や娘の結婚相手には、高い身分の者を選ばないようにします。

天下の知恵のある者たちは賈詡の処世を高く評価し、心を寄せました。

賈詡のように、何人かの主の元を転々とし、策に長じた者は不幸な終わりを遂げることが多いのですが、賈詡はあらかじめ危険を理解して対処していたので、その身を害されることがなかったのでした。

太尉になる

220年になると、曹操の後を継いでいた曹丕が献帝に禅譲を迫り、魏の初代皇帝に即位します。

すると賈詡は太尉に任じられました。

太尉は三公のひとつで、臣下としては最高の位についたことになります。

これは曹操に諮問を受けた際に、賈詡がなんと答えたのかを、曹丕が知っていたためでした。

このため、即位すると一番に賈詡を登用したのです。

賈詡は三公にふさわしくないと見られていた

後に晋の時代になると、司徒(三公のひとつ)に欠員ができたことがありました。

すると晋の武帝は荀勗じゅんきょく(荀彧や荀攸の一族)にふさわしい者がいないかとたずねます。

荀勗は「三公は人々が心を寄せる者こそがふさわしいと言えます。

適さないものを任用してはなりません。

昔、魏の文帝が賈詡を三公に起用したとき、孫権はこれを笑ったものです」と答えました。

このように、賈詡が太尉になったことは、世間からよく見られていなかったようです。

董卓や李傕に仕え、世を乱す側に加わっていた経歴が、そのように判断される原因となったのでしょう。

加増され、子どもも取り立てられる

賈詡は爵位が魏寿亭候に上がり、三百戸を加増されて八百戸になります。

そして領邑の中から二百戸を分けて子の賈ほうに与え、列侯にしました。

また、長男の賈ぼく駙馬ふば都尉に任命され、取り立てられています。

【次のページに続く▼】