姜維 諸葛亮に見いだされて魏と戦うも、蜀の滅亡を招いた大将軍

費禕に許可されず

この計画を実行するため、姜維が大軍を動かそうと望むたびに、費禕はいつも制約を加え、一万程度の兵を指揮させるだけでした。

費禕は姜維に対し、次のように述べています。

「われらは丞相(諸葛亮)にはるかに及ばない。

その丞相でさえ、中原の地を平定することはできなかった。

だから我らにはなおのこと、できるはずがない。

まずは国家を保ち、民を治め、社稷しゃしょく(国の系譜)を守るべきなのだ。

功業をたてようとするのは、それだけの能力がある者の出現を待たなければならない。

僥倖ぎょうこうを望み、一度の戦いで勝敗を決しようとしてはならない。

もしもうまくいかなかった時に、後悔をしても遅いのだ」

費禕は自分にも姜維にも、諸葛亮を超える能力はないのだから、魏を打倒するのは不可能だと見切っていたのでした。

なので、諸葛亮を超えるほどの能力を持った者が現れるまで、蜀を保っていくのがよいと考えていました。

結果からすると、この見立ては正しかったのですが、姜維は「自分にはできる」と考えており、これが蜀を疲弊させることにつながっていきます。

費禕が亡くなり、大軍を率いるようになる

こうして費禕は姜維の動きを抑えていたのですが、253年になると、魏の刺客の手にかかって暗殺されてしまいます。

するとその夏、権限が増した姜維は数万の大軍を率い、石営から董亭とうていを経て、南安を包囲しました。

かねてよりの、涼州を奪取する計画を実行に移したのでした。

すると魏の刺史・陳泰ちんたいが包囲を解こうとして出陣してきます。

姜維は南安を攻め落とせぬまま、食糧が尽きて撤退しました。

この頃から、姜維が主導する軍事活動が盛んになっていきます。

魏軍に勝利する

翌254年になると、姜維は督中外軍事(地方の統治権と軍事権を備えた位)の官位を加えられます。

そして隴西に再び出陣すると、狄道てきどうを守っていた李簡が城をあげて降伏しました。

さらに進撃して襄武じょうぶを包囲し、魏の将・徐質じょしつと戦って勝利し、その首を取ります。

こうして姜維は魏軍に勝利を収めると、多数の兵を降伏させました。

そして河関かかん・狄道・臨桃りんとうの三県の住民を蜀に移住させ、帰還します。

張翼に批判される

こうして姜維は2年続けて数万の大軍を動かしたのですが、これによって蜀の物資や財力が、大きく消耗します。

このため、征西大将軍の張翼ちょうよくは「国家は小さく、民の労苦は大きくなっています」と述べ、「みだりに軍を動かすべきではありません」と主張しました。

しかし姜維はこれを聞き入れず、次の年にも多くの軍勢を動かします。

大勝利を収める

255年には、車騎将軍・夏侯霸らとともに狄道に出て、桃水の西で魏の雍州刺史・王経おうけいに大勝します。
(夏侯霸は魏の将軍でしたが、この頃には姜維と同じように蜀に降伏していました)

王経の軍勢を数万人も討ち取ると、王経は撤退して狄道城に立て籠もりました。

姜維はこれを追撃して包囲しましたが、魏の征西将軍・陳泰が包囲を解くために進軍をしてきたので、姜維は攻めきれずに退却しています。

こうして姜維は城を奪うことには失敗しましたが、その軍事能力を魏に見せつけたのでした。

この時が、姜維の最盛期だったと言えます。

段谷で大敗する

256年になると、姜維は遠征先で大将軍に任命され、名実ともに蜀軍を主導する立場を得ます。

しかしずっと前線にとどまっていたために、諸葛亮や蒋琬、費禕ら蜀の代々の宰相と比べると、内政に関する権限が乏しくなっており、蜀全体を掌握するほどの実力は持っていませんでした。

姜維は兵馬を整えると、鎮西大将軍の胡済こせいとしめしあわせ、上邽じょうけいで落ち合うことにします。

ですが胡済は約束を守らず、やってきませんでした。

この結果、姜維は段谷だんこくで魏の将軍・鄧艾とうがいに打ち破られ、軍兵が逃げ惑う状態となり、多数の戦死者を出してしまいます。

魏の側の記録では、「討ち取った者と生け捕りにした者は万単位になった」「数十の将の首を取り、数千の兵の首を得た」とされており、完敗でした。

胡済がどうして約束を破ったのかは不明ですが、姜維は蜀軍を充分に掌握できていなかったのかもしれません。

蜀軍に参加していた者たちは、この損害に非常に怒り、隴より西の地では、騒乱が起きて情勢が不安定になりました。

このため、姜維は過ちを認めて謝罪し、自ら官位を下げて欲しいと願い出ます。

こうして姜維は後将軍・行大将軍事(大将軍代行)に降格となりました。

姜維地図2

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物