姜維 諸葛亮に見いだされて魏と戦うも、蜀の滅亡を招いた大将軍

諸葛誕の反乱に乗じようとする

翌257年になると、魏の征東大将軍・諸葛誕しょかつたん淮南わいなんで反乱を起こします。

このため、魏が関中(涼州)に配置していた守備兵は、東方へと向かいました。

姜維はこの隙を利用して秦川しんせんへ向かおうとし、再び数万の軍勢を率いて駱谷らくこくに出て、沈嶺ちんれいに到達します。

この頃、沈嶺の側にある長城には、たくさんの食糧が蓄えられていましたが、守備兵が少なかったので、姜維がやって来たと知り、人々はみな恐れました。

しかし、間もなく魏の大将軍・司馬望が守備にあたり、鄧艾も駆けつけ、長城に守備陣をはります。

姜維は前進して芒水ぼうすいに駐屯し、山を利用して陣営を築きました。

すると司馬望と鄧艾は水に沿って防御を固め、姜維に戦いを挑まれても応戦しませんでした。

姜維は魏軍から食糧を奪うつもりでおり、携えた物資が充分ではなかったので、積極的にしかけるのも難しく、戦況が停滞します。

そうこうするうちに、258年になると諸葛誕が敗北したとの知らせが届いたので、むなしく成都に帰還しています。

特に戦功はなかったのですが、この後で大将軍に復帰しました。

姜維はこうして毎年のように大軍を動かしたものの、蜀の領地は増えておらず、国内の疲弊がますます進行していきます。

譙周に批判される

こうして姜維が蜀の財力を消耗し、民を苦しめる結果を招いたので、光禄大夫こうろくたいふ(皇帝の側近)の譙周しょうしゅうが、『仇国論きゅうこくろん』という文章をあらわし、姜維を批判しています。

この文章の中で譙周は、「弱国が強国に勝つには、徳のある統治を行って人材を引きつけないといけないのに、いたずらに軍勢を動かして民を消耗させ、敵の隙をうかがうようなふるまいをしていては、とても勝利できない」といった旨の主張をしました。

譙周は姜維を名指しはしていないのですが、その意図するところは明らかでした。

このようにして、姜維に対する反感は、蜀の内部で高まっていきます。

北伐の困難さ

姜維は涼州の拠点を奪い、その西側に住む蛮族を従え、魏から切り離して支配する、という戦略によって動いていました。

これは諸葛亮の北伐と、全く同じ方針です。

しかし諸葛亮が成功しなかったように、姜維も成功しませんでした。

蜀は周囲を山岳と河川に囲まれており、守るにはいいのですが、よそに攻めこむには、大変な労力を要する土地でした。

険しい山に阻まれ、食糧の輸送がしづらいので、他州に攻めこんでも長く帯陣することができず、攻城戦を行って拠点を奪取するのが困難だったのです。

諸葛亮は屯田を行ってこの問題を解消しようとしますが、効果を上げる前に死去し、姜維は特に対策を取らず、魏軍から食糧を奪おうとしました。

このため、諸葛亮と同じ問題に阻まれ、大きな戦果をあげることができないでいたのでした。

費禕が「丞相でもできなかったことが、我々にできるはずがない」と述べたのは、これが原因だったのです。

漢中の防衛体制を変更する

その昔、劉備は漢中の抑えとして魏延ぎえんを駐屯させ、諸陣営に充分に兵を配置しましした。

これによって外敵を防ぎ、もし侵攻を受けても、跳ね返せるだけの体制を構築していたのです。

魏の曹爽そうそうが率いる大軍に攻めこまれた時に、王平が撃退できたのも、この制度が継承されていたおかげでした。

しかし、姜維は建議をし、防衛体制の変更を申し出ます。

「諸陣営を交錯させて守備をするのは、『門を幾重にも設ける』という『周易しゅうえき(古典)』の趣旨にかなっていますが、防衛にはふさわしくとも、これによって大勝を得ることはできません。

よってこれを改め、諸陣営の武器と兵糧を集め、引き退いて漢・楽の二城に兵力を集中させます。

そして敵を平地に侵入させず、関所の守りを重視して防衛に当たらせるのがよいでしょう。

敵が攻めて来た時には、遊撃隊を両城から出撃させ、敵の隙をうかがいます。

敵軍は関所を突破することができず、野に放り出された穀物を接収することもできず、遠くから食糧を運ぶしかなくなり、自然と疲弊し、物資が欠乏します。

敵軍が撤退を始めたら、諸城から出撃し、遊撃隊と一緒になってこれを撃破します。

これこそが敵を殲滅する方策です」

この結果、督漢中の胡済を漢寿に移動させ、監軍の王含おうがんに楽城を守らせ、護軍の蒋斌しょうひんに漢城を守らせることになります。

また、西安や建威けんい武衛ぶえいなど、各地に防御陣を築きました。

この建議からも、守るだけでなく攻めるべき、魏になるべく損害を与えるべきだとする、姜維の戦略が見えてきます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物