姜維 諸葛亮に見いだされて魏と戦うも、蜀の滅亡を招いた大将軍

スポンサーリンク

反乱が実行に移される

やがて鐘会は鄧艾を罪に陥れ、都に召還されるように仕向けます。

鄧艾は蜀を攻め滅ぼす大功を立てましたが、やがておごり高ぶるようになり、「姜維は彼なりに当代の英雄ではあるのだが、わしと出会ったために、追いつめられることになったのだ。相手が悪かったと言える」などと発言し、顰蹙ひんしゅくを買っていました。

それ以外にも、劉禅を勝手に車騎将軍に任命するなど、専断が目立つようになり、それを糾弾され、謀反人とされたのでした。

こうして蜀から、姜維を苦しめた強敵が排除されます。

そして鐘会は、姜維らを率いて成都に入り、益州の牧(長官)を自称し、反乱を起こしました。

襲撃され、死亡する

鐘会は姜維に五万の兵を授け、魏を打倒するための先鋒に任じるつもりでした。

一方で、自分に従わない魏の将兵を拘束したのですが、やがて彼らに「近いうちに皆殺しにされる」という偽の情報を吹き込む者が現れました。

すると将兵たちは憤激し、外にいた味方と協力して脱出し、鐘会と姜維を襲撃します。

この時、姜維は鐘会から武器と鎧を与えられているところでした。

少しすると「城に反抗する兵たちが押しよせてくる」という知らせが姜維たちの元に届きます。

鐘会が「どうしたらよかろうか」とたずねると、姜維は「ただ打ち倒すのみです」と答えました。

やがて反抗する者たちの人数が増え、姜維たちに攻めかかってきます。

姜維は鐘会の近習たちとともに戦い、五、六人を斬り捨てましたが、やがて力尽き、格闘の末に討ち取られました。

享年は63でした。

そして鐘会も殺害され、蜀を復活させる計画は失敗に終わっています。

この後で姜維の妻子もまた、処刑されました。

姜維は死んだ時に腹をさかれましたが、「肝は一升の大きさだった」と記されています。

姜維地図3

郤正の評

蜀の学者である郤正げきせいは、姜維を評する論文を書いています。

「姜伯約は上将の重責を担い、群臣の上に位置していた。

粗末な家に住み、財産を蓄えず、別棟にめかけを置く不潔さもなく、奥間で音楽を奏でさせて楽しむこともなく、支給された衣服をまとい、備え付けの車馬を用い、飲食を節制していた。

ぜいたくをせず、倹約もせず、支給された俸禄をそのまま使い果たした。

彼がそうした理由を推察するに、貪欲な者や汚い者を激励しようとしたり、自分の欲情を抑えて断ち切ろうとしたわけではない。

ただそれだけで満足しており、多くを求める必要はないと考えたのだろう。

人の議論は、成功者を称賛し、失敗者をけなし、高いものをさらに持ち上げ、低いものをさらに押さえつける。

誰も彼もが、姜維が身を寄せる場所もなく、その身が殺害され、一族が根絶やしになったことを理由にして貶め、評価を見直そうとしない。

これは『春秋(儒教の史書)』が示す評価の基準とは、異なったものである。

姜維のように学問を楽しんで倦むことなく、清潔で質素で、自己を抑制した人物は、その時代の模範なのだと言える」

このようにして、郤正は姜維の生活態度を称賛し、模範になれる人物だと評しています。

姜維評

三国志の著者・陳寿は「姜維は文武の才能を持ち、功名を立てることを志した。

しかし軍事をもてあそび、むやみに外征を繰り返し、判断は明晰ではなかった。

このために最後は、無惨な死を迎えることになった。

『老子』には「大きな国を治めるのは、小さな魚を煮るのに似る」と書かれている。

(小さな魚を煮る時には、つつきまわしてはいけない。民を治めるのに、煩瑣はんさな法令で縛ってはいけない、という意味)

ましてや小国において、何度も民の生活をおびやかしてよいものだろうか」と評しています。

一方で、先の郤正の評を収録したのも陳寿でした。

姜維は文武両道で、生活態度も好ましく、個人としては優れた人物だったと言えます。

そして大きな志を持ち、最後まで蜀を復活させようと奮闘しており、忠義の心も備えていました。

勢力で圧倒的に蜀にまさる魏軍に、何度か勝利していることからも、確かな軍事能力を備えてもいます。

しかし、より高次の戦略を検討する能力は欠けており、むやみに軍を動かして蜀を疲弊させ、最終的には滅亡に導いてしまいました。

蜀の滅亡は姜維ひとりの責任ではありませんが、大きく影響を与えたのも確かです。

諸葛亮に及ばない才能しか備えていなかったのに、諸葛亮を超えようとしたのは、思い上がりだったと言えます。

これらのことから、姜維には毀誉褒貶がつきまといやすくなり、その評価が定まりにくくなっています。

関連記事

諸葛亮孔明 漢王朝の復興を目指し、魏に戦いを挑んだ蜀の宰相
諸葛亮しょかつりょうは三顧の礼によって劉備に仕え、蜀の宰相となった人物です。 劉備の死後は蜀の全権を委ねられ、漢王朝を復興させるために力を尽くしました。 諸葛亮は蜀の内政を整え、軍を整備し、強大な魏の討伐に挑みます。 しか...
劉禅 趙雲に救われて蜀の皇帝となるも、やがて滅亡に導く
劉禅りゅうぜんは劉備の後を継ぎ、蜀の二代目の皇帝となった人物です。 諸葛亮ら、優れた宰相たちが統治していた時期には、問題なく蜀を保っていました。 しかし、やがて政治がわからない宦官かんがんを重用するようになり、国を傾け始めます。...
鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将
鄧艾とうがいは魏に仕えて活躍した将軍です。 蜀軍を率いる姜維きょういとたびたび対戦し、勝利を重ねます。 そして魏が蜀に侵攻した際に決定的な勝利を収め、蜀を滅亡させました。 鄧艾は農政官としても優れた能力を持っており、魏の食...
黄皓 劉禅に取り入り、蜀の滅亡を導いた宦官
黄皓こうこうは劉禅が成長するに従い、寵愛されるようになった宦官かんがんです。 宦官は去勢をした上で、皇族に仕える使用人で、身の周りの世話をするのがその仕事でした。 身近なところで接するため、皇族に親しまれて信頼され、やがては権力...
廖化 蜀の始まりから終わりまでを見届けた将軍
廖化りょうかは蜀に仕えた将軍です。 蜀の建国以前から関羽や劉備に仕えており、彼らの死後は、諸葛亮や姜維の元で戦いました。 長く活躍し続け、やがて右車騎将軍となり、蜀軍の重鎮にまで立身しています。 70才を超えて現役であり続...
張翼 廖化とともに、蜀軍を支えた将軍
張翼ちょうよくは蜀に仕えた将軍です。 各地の地方長官を務めてから将軍となり、反乱の鎮圧や魏との戦いで活躍しました。 そして姜維が軍を動かし過ぎるのを危惧していさめますが、姜維は耳を貸しませんでした。 その後もたびたび諫言を...
郤正 魏への降伏文書を作成し、劉禅に随行した蜀の文学者
郤正げきせいは文章力に優れていた、蜀の学者です。 蜀が健在な頃にはさほど出世をしませんでしたが、魏に降伏する際に、その文書を作成する役目を果たしました。 そして劉禅が洛陽に向かう際に、単身で随行し、劉禅が失敗をしないように補佐し...
費禕 董允らとともに蜀を支えるも、暗殺された三代目の宰相
費禕ひいは蜀に仕え、三代目の宰相になった人物です。 優れた理解力や記憶力を備えており、政務を処理する能力が、人なみ外れて秀でていました。 このため諸葛亮に引き立てられ、やがて大将軍の地位につき、蜀の軍事と政治を担います。 ...