北条氏政と氏直が、小田原征伐で豊臣秀吉に滅ぼされたワケ

諸将と将兵たちを退屈させないようにする

この包囲戦は、銃撃を交わすのが主となっており、大半の将兵たちは城から出る者がいないよう、警戒するくらいしか仕事がなく、ゆえに退屈な戦いとなっていました。

このため、時間が経過すると、秀吉の陣営から脱走兵が出るようになります。

もちろん、秀吉がその状況を見過ごすはずもなく、すぐに手を打っています。

まず諸大名たちに、妻を小田原に呼び寄せるように伝え、自身も側室の淀殿を呼び寄せています。

そして、それぞれに日常を快適に暮らすための屋敷を設けさせ、秀吉自身も茶室や宴会場まで備えた邸宅を築かせました。

秀吉は自ら宴会を主催し、千利休を呼んで茶会を開かせ、能の興行も行わせるなどして接待し、諸大名の士気の低下を防ぎます。

そして兵士たちに対しては、陣営の周囲に歓楽街を築かせることで、いつでも息抜きができるようにしました。

15万もの将兵が集まっていましたので、それを客とする遊女たちが集まり、小屋をかけます。

さらに、米や野菜といった食料はもちろん、京の商人が出張店舗を作って、絹織物などの高級品を商ったり、明や朝鮮、南蛮から仕入れた珍しい物産を取り扱うなどして、賑やかな市場が形成されました。

秀吉は将兵たちに対しても、踊りや音楽、酒などの娯楽を与えることで、惰気が生じて軍勢が崩壊するのを防いでいます。

小田原に帯陣していた武将の中には「もしもここで一生を過ごすことになっても、決して退屈しないだろう」と述べた者までおり、秀吉は仮に1年2年も包囲戦が続こうとも、びくともしない体制を構築したのでした。

こうして、粘っていれば秀吉軍の士気が崩壊して撤退するだろう、という氏政の期待もまた、潰えることになります。

城内の士気

一方で小田原城内も、しばらくの間は士気が盛んな状態が続きました。

夜は角ごとに篝火をともし、昼と変わらない明るい状態を保ち、兵士たちは24時間の交代制で油断なく警備を続け、秀吉がつけいる隙を与えませんでした。

そして非番の時には碁や将棋、双六などで遊び、酒宴や茶会を開いたり、また、連歌の会を催すなどして、こちらも将兵が退屈しないようと娯楽が提供されています。

さらに、事前に潤沢に物資を用意していたため、毎日市が立ち、兵士も非戦闘員も、等しく買い物を楽しみ、飢える者は誰もいなかったと言われています。

北条氏もまた、90年にわたって関東で栄えてきた武家であるだけに、籠城の支度は手慣れたもので、それゆえにしばらくの間は、秀吉の圧迫から持ちこたえました。

小田原城の包囲戦は、根くらべになっていたのだと言えます。

各地の城が陥落する

一方で、小田原以外の地域では、秀吉軍が北条軍を圧倒していました。

本多忠勝らの別働隊は、まず江戸城を接収すると、上総の数十城を落城させ、支配下に置きます。

そして増援を加え、武蔵の要衝・岩槻いわつき城にも2万の軍勢で攻めかかり、3日の戦いで2千の守備兵を降して攻略しました。

これが4月22日のことです。

一方、上野に侵入した前田利家ら3万8千の部隊は、北条氏の重臣・大道寺だいどうじ政繁まさしげが守る松井田まついだ城を攻めています。

この城は東山道の関門となる重要拠点で、岩槻と同じく2千の北条兵が守っていました。

政繁は寡兵でよく攻勢を防ぎましたが、20日間ほどの戦いの末、ついに力つきて降伏し、4月20日に城を明け渡しています。

そして利家らは、引き続き箕輪みのわ城などの諸城を攻め落とし、上野を平定しました。

【次のページに続く▼】