北条氏政と氏直が、小田原征伐で豊臣秀吉に滅ぼされたワケ

包囲と銃撃

秀吉は4月7日に総攻撃を命じ、包囲軍は一斉に銃撃を開始します。

そして旗を振り、兵たちはときの声を上げ、進撃しようとする姿勢を見せました。

海上からも、列を整えた軍船から銃撃がなされ、鐘、太鼓を鳴らして陸上に迫ろうとします。

これに対し、城内からも応射がありましたが、結局は、本格的な戦いにはなりませんでした。

小田原城は三重に堀がめぐらされ、その中に石垣と塀が築かれ、矢倉が隙間なく建てられた、非常に堅固な要塞でした。

城中に山をひとつ、すっぽりと入り込ませてしまうほどに広大で、これを開戦したばかりで、まだ士気の高い5万6千の軍勢が守っているのです。

そして軍需物資も豊富に備蓄されているため、無理に力押しをしても、堀を越えようとする間に激しい銃撃を受け、いたずらに損害が増えるのは明らかでした。

秀吉は小田原城を一望できる石垣山に城を築かせつつ、そこから情勢を観察し、これは包囲持久戦によって攻め落とすしかない、と判断します。

戦略の見直し

秀吉は家康と相談し、力押しで一気に小田原城を攻め落とすのはやめ、関東の各地に別働隊を派遣し、北条氏の領国をすべて奪ってしまうことにしました。

そうして小田原城を孤立させ、城内の士気をくじくのが目的です。

元より信濃から上野に、前田利家ら3万8千の部隊を侵攻させていましたので、彼らに上野を接収したら、次は武蔵むさし(埼玉県・東京都)に向かうようにと命じます。

また、家康の重臣・本多忠勝を中心とした1万3千の部隊に、上総かずさ(千葉県中部)の攻略を命じました。

そして石田三成ら奉行衆を中心とした2万3千の部隊にも、武蔵の攻略を命じます。

こうして戦いは、関東全域に拡大していきました。

家康と信雄の、謀反の噂

大軍が一ヶ所に集まって戦っていると、様々な噂や憶測が流れ、それによって人の不和が生じがちなものです。

かつて上杉謙信が10万の大軍を率い、小田原城を包囲した際にも、集結した関東諸侯との関係が悪化し、それが原因となって撤退せざるを得なくなりました。

そしてこの時の秀吉の陣営にも、家康と織田信雄が秀吉に謀反を起こすのではないか、という噂が流れていました。

両者はかつて小牧・長久手の戦いで秀吉と敵対した関係にあり、その後は臣従していたものの、機会があれば反旗を翻すのではないかと、危ぶまれていたのです。

この噂は開戦当初よりささやかれており、秀吉は小田原に向かう道中で、家康と信雄と対面すると、刀に手をかけ、「そなたらがわしに謀反を起こそうとしている、という話を聞いた。なら、ここで斬り合って決着をつけようぞ。さあ、かかってくるがよい!」と芝居がかったパフォーマンスを見せました。

これに対し、信雄は顔を赤らめるばかりで何も言えませんでしたが、家康はまったく動じず、「総大将自らが刀をとって戦う姿を見せるとは、出陣の門出に際し、まことに縁起のよいことですな」と如才なく応じ、将兵たちからの喝采を浴びました。

秀吉が噂を打ち消すためにしかけた芝居の意図を、家康はすぐに読み取って対応したのです。

しかしこれだけでは噂は完全にはなくならず、小田原城の包囲が始まってからも、くすぶり続けていました。

このため、秀吉は脇差わきざしのみを身につけ、太刀は供に持たせ、ほんの数人を連れただけの身軽な姿で、家康の陣営を訪れます。

そして家康を誘って一緒に信雄の陣営を訪れ、そこで酒宴を開き、楽しく一夜を過ごしました。

その気になれば、家康は秀吉を簡単に殺害できる状況だったわけですが、なにごともなく酒宴が終わったことから、人々は家康の心情を理解し、謀反の噂は完全に消え去りました。

このように、秀吉は人心を制御するための術を心得ており、北条氏の期待通りに、裏切りが発生することはありませんでした。

家康が秀吉を裏切るのは、その死後のことです。

【次のページに続く▼】