劉邦はどうして項羽を討ち破り、漢の高祖になれたのか?

スポンサーリンク

項羽を牽制するも、再び敗れる

劉邦は本拠地である関中に戻ると、そこで蕭何が用意した新しい軍勢を率い、滎陽の救援に向かおうとしました。

しかし参謀の袁生えんせいが、正面から項羽と戦っても勝利はおぼつかないので、南に出陣して項羽を牽制し、滎陽から遠ざけた方がよいのでは、と進言し、劉邦はこの策を採用しました。

そして武関を出てえんという街に入ると、思惑通りに項羽をそちらにおびき寄せることができました。

さらに項羽の背後に彭越を出没させ、項羽がそちらの討伐に向かう間に、成皋せいこうという街に入って項羽を迎撃します。

しかし項羽との戦いが始まると、またも劉邦は支えきれず、再び退却することになってしまいました。

このように、劉邦は項羽とまともに戦っては勝利できないため、他の軍団を動かして牽制しますが、最終的には直接戦わざるを得なくなって敗れる、ということを繰り返しています。

一方で、劉邦は決して優れた将ではありませんでしたが、最強の将である項羽と戦い、何度敗れても心が折れず、決してあきらめないしぶとさを備えており、これが漢の戦いを底支えする力になっていたのだと言えます。

韓信の軍を取り上げる

劉邦が項羽の本隊と激突し、苦戦を強いられている間に、韓信は目覚ましい功績を上げました。

1年ほどの戦いで、魏・代・趙を攻め落とし、燕も降伏させるなどして、大陸北部の大半を、漢の勢力圏に塗り替えたのです。

そして修武という土地に駐屯し、次の侵攻の準備をしていました。

成皋で敗れた劉邦は、御者の夏侯嬰だけを供にして、この修武にまで落ち延びてきます。

韓信はこの時に陣中で眠っていましたが、劉邦はその寝込みを襲って軍を取り上げ、一部の兵のみで斉を攻略するようにと命じました。

韓信はこの劉邦の措置に対し、苦情のひとつも言っていい立場でしたが、言われたとおり、減少した兵力で斉の討伐に向かいます。

こうして劉邦は兵力を回復しましたが、このころから韓信との関係には、微妙な変化が生じていくことになります。

広武山に立てこもる

兵力を得て、幕僚たちも集まってきたことで、劉邦は態勢を立て直しますが、次にどの場所で項羽と対峙するかで、意見がまとまりませんでした。

どこで迎え討とうとも、項羽に勝てる算段は立てられなかったからです。

この時に劉邦が、いっそのこと広武山に立てこもったらどうか、と意見を述べました。

広武山は食料を備蓄している拠点であり、城塞ではありませんでした。

しかしこれを聞いた張良は、それは名案かもしれません、と劉邦に応じました。

滎陽では食料の輸送を項羽に妨害されて落城しましたが、食料庫そのものを城塞化して立てこもれば、輸送の心配はなくなるからです。

この劉邦の一世一代の名案によって、やがて漢に勝機が発生することになります。

項羽の兵站を攻撃する

広武山での戦いが始まった頃、劉邦は彭越の他に、幼馴染の盧綰や、従兄弟の劉賈りゅうかを別働隊として楚に送り込み、食料補給の妨害作戦を強化しました。

これにより、自軍は食料を豊富に抱えつつ、項羽軍が食糧不足に陥るように仕向けたのです。

項羽は度重なる後方攪乱に怒りを発し、包囲した広武山から離れ、自ら彭越らの討伐に向かいます。

彭越らはすぐに追い散らされますが、一方で劉邦軍は、項羽から広武山の留守を任された曹咎そうきゅうという武将を挑発し、攻めかかってくるように仕向けました。

曹咎は項羽から決して出撃しないようにと戒められていましたが、これを破って劉邦軍に攻撃し、反撃を受けて大敗を喫しました。

しかし、項羽が戻ってきて広武山に挑むと、今度は劉邦軍は決してこれに応じず、陣を固く守り続けました。

今度は弱点となる甬道の存在がなかったため、さしもの項羽も、容易にこれを攻め落とすことはできませんでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
楚漢戦争 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物