豊臣秀吉 放浪者から関白にまで上りつめた男 その道のりのすべて

スポンサーリンク

秀吉の実子、あるいは養子の存在

秀吉はこの頃に秀勝という子どもがいたようですが、実子なのか養子なのかは定かではありません。

この子は夭折してしまい、北近江の寺にそれにまつわる記録が残っています。

秀吉は子どもができにくい体質の持ち主で、多くの側室を抱えていたにも関わらず、その子を産んだとされる女性は限られています。

秀勝の他に娘もひとりいたようですが、この子どもについての詳しいことはわかっていません。

いずれにしても、秀吉はせっかく大名になれたにも関わらず、その後継者になれる存在を欠いていたことになります。

この問題は後々まで秀吉について回ることになり、やがてその政権の行く末にも大きな影響を及ぼすことになります。

北陸からの無断撤退

大名となってから、秀吉は信長の遠征に合わせて各地を転戦しています。

1575年には武田勝頼を討ち破った長篠の戦いに参加しており、翌年には伊勢の北畠氏の討伐にあたるなど、軍事的な功績を積み重ねていきます。

そして1577年には北陸で上杉謙信と対峙することになるのですが、ここで秀吉はひとつの事件を起こします。

この時に信長は従属した能登の畠山氏を支援するため、柴田勝家を大将とした4万の軍勢を派遣していました。

能登が上杉謙信に攻め込まれており、謙信の軍勢を追い払って畠山氏を救援するのがその目的です。

秀吉もこれに加わっていたのですが、途中で信長にも無断で行軍から離脱してしまいます。

上杉謙信の武略を軽視する柴田勝家と仲違いをし、それならば自分なしで戦って勝ってみせよと面当てをした結果だと言われています。

また、救援に向かっていた畠山氏の城が、すでに謙信に攻め落とされているのを知ったからだ、という説もあるようです。

どういう理由であれ、信長の命令に違反することは重罪であるため、秀吉はここではじめて信長の怒りを買うことになりました。

信長の怒りは相当に激しく、しばらくは機嫌が悪かったようで、信長の側近くに仕える家臣たちは、秀吉の行動をひどく迷惑がったという記録が残っています。

おそらくはとばっちりで信長に怒られた家臣もいたのでしょう。

この時の秀吉の真意は不明ですが、北陸に織田軍団が偏って配置されたことを危惧し、この後に起こる変事を予測して畿内に戻ったのでは、とする説もあります。

ともあれ、秀吉は北近江に戻った後、長浜でしばらく謹慎をすることになりました。

秀吉抜きで進軍した織田軍は、加賀(石川県)の手取川を渡ったところで畠山氏がすでに謙信に降伏したことを知り、撤退しようとするところに追撃を受けました。

これによりいくばくかの損害を受けたと言われています。
(甚大な被害だったとする説もあります)

結局この遠征は徒労に終わり、いち早く撤退した秀吉の判断が正しかったことになります。

この頃から秀吉は、時に独自の判断でも動くようになっていたことがうかがえます。

大名になったことで、自分の考えに基づいて活動したい、という欲求も芽生えていたのかもしれません。

【次のページに続く▼】