諸葛亮孔明 漢王朝の復興を目指し、魏に戦いを挑んだ蜀の宰相

スポンサーリンク

司馬炎が称賛する

蜀の高官だった樊建は、滅亡後は晋に仕え、皇帝である司馬炎と、諸葛亮について話をしたことがありました。

司馬炎が、諸葛亮の統治の様子を質問をすると、樊建は「自分の悪い点を知らされれば必ず改め、過ちをそのままにすることはありませんでした。

そして賞罰に対する誠実さは、神明を感動させるに足りるほどでした」と答えます。

司馬炎がこれを聞くと「よきかな。

わしがこの人を手に入れ、補佐をさせていたならば、今日の苦労はなかっただろう」と述べました。

このようにして、諸葛亮は晋代になっても尊重され、諸葛亮の活動の記録が、詳しく残されることになったのでした。

『三国志』は晋代に陳寿が著述しましたが、陳寿は他に『諸葛亮集』という、諸葛亮が記した政務や軍務についての書簡をまとめた文集を、公務として作成しています。

その活動が認められたことからも、諸葛亮が晋からも高く評価されていたことがうかがえます。

こうして諸葛亮の名声が保たれ、その余波が後世に伝わり、現代にも継承されることになったのでした。

諸葛亮評

陳寿は諸葛亮を、次のように評しています。

「諸葛亮は国の統治を始めると、民を慰撫し、正しい規則を示し、無駄な官職を減らし、時制にあった政策を行い、誠実に心を開いて、公正な政治をしいた。

忠義を尽くし、時代に利益を与えた者は、仇であっても必ず賞を与え、法を犯し、職務怠慢な者は、親族であっても必ず罰した。

罪に服して反省の情を見せた者は、重罪人でも必ず許してやった。

言葉を巧みに飾り、ごまかそうとする者は、軽い罪でも必ず死刑にした。

善行は、どれほど小さなものでも賞しないことはなく、悪行は、ささいなことでも罰しないことはなかった。

あらゆる事柄に精通し、理の根本を探究し、名前と実質が一致するかを確かめ、嘘や偽りに惑わされることはなかった。

このため領土の人々は、みな彼を畏れ、敬愛した。

刑罰や政治が厳格だったのに恨む者がなかったのは、彼の心くばりが公平で、奨励や、戒めの基準が明確だったからである。

政治のなんたるかをわきまえた良才であり、管仲や蕭何のような、名宰相の仲間だと言える。

しかるに、連年、軍勢を動かしながら、成功を収めることができなかったのは、思うに、臨機応変の軍略は、その得意とするところではなかったからだろうか」

こうして陳寿は、最後に「臨機応変の軍略は、その得意とするところではなかったからだろうか」と書いたために、後世から誹謗を受けることになりました。

諸葛亮は、特に蜀においては完全無欠の人であったかのように扱われ、このために諸葛亮の欠点を指摘した陳寿は、私怨があったから諸葛亮を中傷したのだ、と言われるようになってしまったのです。

諸葛亮が人並み外れた英傑だったのは確かですが、魏を攻撃して成功しきれなかったのは事実であり、その原因が、前線において機略を駆使し、敵を翻弄するのが得意ではなかったところにあったとするのは、的確な指摘だと言えます。

にも関わらず、陳寿が非難を浴びたところに、冷徹に人を評さなければならない、史家のありようの困難さが示されています。

一方において、魏への攻撃が成功しなかったのは、諸葛亮個人だけの責任とも言い切れず、蜀という国の規模が小さく、十分な軍事力と人材が得られにくかったことに、その根本の原因があったことにも、留意すべきだと思われます。

ところで、諸葛亮はその卓越した能力が称賛されることが多いのですが、ただ優れているだけの人物であれば、長い歴史の中では、数多く存在しており、特別に珍しいわけではありません。

諸葛亮がその中で際立ち、高い名声を得たのは、劉備の志を受け継ぎ、その死後にも忠誠を尽くして劉禅を守り、漢の復興という大義のために、自らの全てを捧げ尽くした誠実な態度にこそ、その要因があるのだと思われます。

そのあたりが、諸葛亮が人々から特別な敬愛を受け、晋の時代においても、称賛された理由となったのでしょう。

諸葛亮のたたずまいには、時代を超えて人の心を打つものがあるようです。

関連記事

劉備玄徳 関羽や張飛とともに漢の復興を目指した、三国志の英傑
劉備りゅうびは後漢末期の戦乱の中で、強力な兵団を形成し、蜀の皇帝にまでなった人物です。 人を引きつける魅力に優れており、関羽や張飛、諸葛亮たちとともに、漢の復興を目指して戦いました。 そして帝位の簒奪さんだつをもくろむ曹操と対立...
姜維 諸葛亮に見いだされて魏と戦うも、蜀の滅亡を招いた大将軍
姜維きょういは蜀に仕えて活躍した将軍です。 元は魏に仕えていましたが、降伏後、諸葛亮に見いだされて出世し、やがて蜀の大将軍となりました。 文武に優れ、魏軍にも何度か勝利しましたが、毎年のように大軍を動かしたので、やがて蜀を疲弊さ...
龐統士元 諸葛亮と並び称され、鳳雛と呼ばれた名軍師の生涯
龐統ほうとうは劉備に仕えて活躍した、いわゆる軍師です。 諸葛亮と並び称され、「鳳雛ほうすう(鳳凰ほうおうの雛ひな)」と呼ばれていたことでも知られています。 計略を考案するのを得意としていましたが、人物鑑定にも優れており、幅広い人脈を...
諸葛瞻 父には劣るも、忠節は尽くした諸葛亮の子
諸葛瞻しょかつせんは字あざなを思遠しえんといい、蜀の丞相・諸葛亮の子です。 227年に誕生しました。 諸葛亮は諸葛瞻が生まれた頃から、魏を打倒するための北伐を実施していました。 そして234年には、五丈原に出陣します。 ...
臥龍とは
臥龍がりょうとは、「眠れる龍」を意味する言葉です。 まだ無名だったころの諸葛亮が、この号で呼ばれていました。 【臥龍と呼ばれた諸葛亮】 諸葛亮にこの号をつけたのは、龐徳公ほうとくこうという人物です。 荊けい州の襄...
天下三分の計とは
天下三分の計は、三国志において、諸葛亮が劉備に勧めた戦略案です。 207年頃、劉備は荊けい州を支配する劉表の客分となり、新野に駐屯していました。 劉備はやがて司馬徽しばきや徐庶に勧められ、臥龍がりょう(眠れる龍)と呼ばれる諸葛亮...